土曜ナイトドラマ「先生を消す方程式。」(毎週土曜夜11:00-11:30、テレビ朝日系)の公式Instagramが11月12日に更新され、主演の田中圭が右手に包帯を巻いたオフショットが公開に。ファンから「お手当てしてあげたい」「痛々しい」などと反響を呼んでいる。

同ドラマは、鈴木おさむのオリジナル脚本による学園サスペンス。東大進学率も高い都内の進学校「帝千学園」を舞台に、成績優秀者が集められた3年D組の新しい担任としてやってきた義澤経男(田中)と教師をゲーム感覚でつぶしていく生徒との戦いが繰り広げられる。


この日、番組公式Instagramでは「【撮影合間。】」という書き出しから、「#先生を消す方程式。
痛そうなオフショットをお届け。義澤経男役 #田中圭 さんが包帯でぐるぐる巻き…! カメラを向けると、イテテ…むすっなお顔をしてくださいました 待機中も、サービスたっぷりな田中圭さんでした」というコメントとともに、生徒に階段から突き落とされた後の痛々しい姿をした田中のオフショットが公開された。

この投稿に、ファンから「サービス精神ありすぎです圭くん」「撮影の合間の圭さんもキュンです」「満身創痍」「むすっとしてるのもかわいい…」「ほんと痛そう」「かわいいのきわみ」「可愛すぎる〜!存在が罪!」「看病しに行きますーー」「いたたの顔がかわいい」「かわいいが溢れすぎてる」などと、さまざまなコメントが寄せられている。