西加奈子のベストセラーを原作とした映画「さくら」(11月13日[金]公開)のメーキングカットが解禁となった。

累計60万部を突破する直木賞作家・西の同名小説を原作に、主人公で平凡な次男・薫(北村匠海)、破天荒な妹・美貴(小松菜奈)、ハンサムで人気者の長男・一(吉沢亮)、そして父と母の長谷川家5人と1匹の愛犬・さくらが織りなす家族の物語が描かれている同作。

詩情あふれる作品を多数生み出してきた矢崎仁司監督の下、北村、小松、吉沢が長谷川家の3きょうだい、3人の母を寺島しのぶ、父を永瀬正敏が演じる。

さらに、小林由依(櫻坂46)、水谷果穂、山谷花純が、彼らと出会う女性キャラクターを担当。劇中曲は、世界的に活躍するピアニストのアダム・ジョージが手掛け、東京事変が書き下ろした主題歌「青のID」がエンディングを彩っていく。

今回解禁されたのは、長谷川家のキャスト陣と愛犬サクラ役のミックス犬・ちえとのメーキングカット。
撮影現場のアイドルだったというちえだが、撮影の合間にも北村、小松、吉沢、永瀬らにかわいがられている様子がうかがえる。

中でも、吉沢と永瀬に懐いていたそうで、キスを狙うような甘えたちえの姿も。
劇中では思いもよらない不幸に翻弄(ほんろう)される長谷川家を側で見詰め続ける愛犬サクラ。実際の撮影現場でも、長谷川家のキャストたちの側にそっと寄り添い、愛を振りまいていた。

■映画「さくら」ストーリー

長谷川家の次男・薫は、その年の暮れに実家へと向かった。だが、兄・一(ハジメ)の姿はない…。

薫にとって幼いころからヒーローのような憧れの存在だったハジメは、2年前に亡くなった。そしてハジメの死をきっかけに家族はバラバラになり、その灯火はいまにも消えそうだ。

そのつながりをつなぎ止めるかのように、薫は幼いころの記憶を回想する。それは、妹・美貴の誕生、サクラとの出会い、引っ越し、初めての恋と失恋…長谷川家の5人とサクラが過ごしたかけがえのない日々。

やがて、壊れかけた家族をもう一度つなぐ奇跡のような出来事が、大みそかに訪れようとしていた。