柴咲コウが主演を務めるドラマ「35歳の少女」(毎週土曜夜10:00-10:54、日本テレビ系)の第6話が、11月14日(土)に放送される。

同作は、「家政婦のミタ」(2011年、日本テレビ系)、「同期のサクラ」(2019年、日本テレビ系)の制作チームが集結し、「○○妻」(2015年、日本テレビ系)以来、5年ぶりに柴咲と脚本家・遊川和彦がタッグを組むオリジナル作品となっている。

柴咲演じる望美は、10歳の頃に不慮の事故に遭い25年間眠り続けた。そんな望美は、母・多恵(鈴木保奈美)の介護により目を覚ます。小学校の同級生であり、望美の初恋の相手・広瀬結人(坂口健太郎)は、心が10歳のままの望美に戸惑いながらも向き合っていく。

望美の事故後、家族を取り巻く環境は激変。自分の存在意義に悩んでしまう妹・時岡愛美を橋本愛、優しさ故に何もできずに家族から背を向けてしまった父・今村進次役に田中哲司、進次の再婚相手・今村加奈役に富田靖子、その引きこもりの連れ子・今村達也を竜星涼が演じる他、細田善彦、大友花恋らが出演する。

■「35歳の少女」第6話あらすじ

望美(柴咲)は、初めて多恵(鈴木)から離れることに不安を覚えながらも、結人(坂口)との「幼い同棲」を始める。周囲に交際を認めてもらうために真面目に生きようと誓う結人と望美。

代行業を辞めて教師の職を探す結人は、望美がアナウンサーの夢を諦めていないことを知るが、現実の厳しさを伝えられずにいた。

一方、多恵は望美のいない寂しさを紛らわせるように仕事に没頭する。勢いで会社を辞めた愛美(橋本)は、夢だったグラフィックデザイナーを目指すも就活は難航。

お酒のトラブルで会社をクビになった進次(田中)は行き場をなくし、酔って時岡家を訪ねる。望美が出て行ったことを知り、つい多恵に勝ち誇ったような態度を取るが、一蹴される。
そして理想の教師像を掲げる結人は、採用してくれる小学校が見つからず次第に追い込まれていく。そんな結人を励まし、望美は自分もアナウンサーになる努力を続ける。

そんな中、愛美が二人のアパートを訪れる。無邪気に夢を追う望美から「本当は多恵の元に帰りたいのでは?」と本質を突かれ、ついカッとなる愛美。

さらに家族の幸せを心から願う望美は、思いがけない行動に出る…という物語が描かれる。

「35歳の少女」第6話は、11月14日(土)夜10時から日本テレビ系で放送予定。