コレサワが、9月22日に開催した、初のリアルタイムライブペイント「生配信弾き語りライブ『君が帰ったあとには』」のライブ映像の一部を、自身の公式YouTubeチャンネルで公開した。

本公演では、コレサワのアートワークを担当するウチボリシンペによる、リアルタイムでのライブペイントが行われ、配信ライブならではの演出となった。

今回、公開された映像には、コレサワが「シュシュ」の演奏中に、ウチボリがペイントし、曲が進むにつれ、完成していくスケッチの様子や、部屋のようなゆったりとした装飾のなか、「ショートカットに憧れて」をコレサワが座って弾き語りをするものが含まれている。

ともにインディーズ時代の楽曲で、特に「ショートカットに憧れて」はシングル曲ではないにもかかわらず、各配信サイトのコレサワの楽曲のなかで、常に人気の高い作品だ。

コレサワは、約一年ぶりとなる有観客ライブ「コレサワ ONE MAN LIVE 2020 冬に会えたら」を、東京・昭和女子大学人見記念講堂にて12月5日(土)に開催することを発表している。

またデジタルシングル「あたしが死んでも」を、11月25日(水)に配信リリースすることも決定している。