中条あやみ主演の映画「水上のフライト」(公開中)の初日舞台あいさつが11月13日に都内で行われ、中条をはじめ、杉野遥亮、小澤征悦、脚本の土橋章宏、監督の兼重淳の5人が出席した。

同作は、事故で歩けなくなった少女がカヌーに出合い、夢を実現していくサクセスストーリー。実在するパラカヌーの選手に着想を得たオリジナルストーリーとして実写化され、東京国際映画祭の特別招待作品にも選出された。

冒頭で「心が温かくなる映画なので多くの人に見ていただきたい」とあいさつした中条は、お薦めシーンについて「杉野くんと小澤さんが格好良い顔でダイブして、私を助けに来てくれる姿が胸キュンポイントです」とアピールすると、杉野が「小澤さんが一人で助けられてて、僕は横で泳いでいただけです」と明かし、中条を落胆させる一幕も。

そんな杉野は「(中条の)カヌーで進むシーンですね。すごく難しいのに数カ月で高いレベルまで習得していった姿は胸が打たれます」とお薦めした。

また、小澤は「家族愛や友情など優しい気持ちが詰まった映画。人とのつながりが大切なんだと思ってもらえたら」と作品についてコメントすると、「ずっと気になってたんですけどマイクのフェイスシールドが顔に被らないようにって言われたでしょ!?」と中条と杉野を注意。
その言葉に「気を付けます」と反応した杉野を「被ってるよ!」とさらにツッコむ姿に、会場から笑いが起こった。

作中での主人公・遥と彼女を支える颯太の関係に話が移った後も、「個人的には結婚してほしいな」と話す中条に「俺が全力で阻止しますけどね」と決意を見せた小澤は、「僕だったら恋していると思いますね」とさらっと口にした杉野に「被ってるよ、顔に!」とすかさずツッコミを入れ、鉄壁ぶりを見せ付けた。


その後、自慢できる特技を聞かれた登壇者たちは、中条が視力の良さ、脚本家の土橋が四六時中しているネットサーフィンと答えると、何もないと答える監督に「すてきな映画を撮るという特技があるでしょ」と敬意を見せた小澤が「家族を思う気持ちが大事だと思っていて、もし私の兄弟や家族が鬼になっても全力で助けようと思ってますから」と、アニメ「鬼滅の刃」にかけて答える一幕も。

そんな中、杉野は「人の良いところをすぐ言えるところ」と特技を明かし、監督をお父さん、脚本家の土橋をキュート、小澤を助けてくれるところ、中条を笑顔と褒めると、自身についても笑顔と照れながら答え、女性ファンを喜ばせた。

最後に中条は「作品を見て最後に少しでも笑顔になって頂けるといいなと思います」と観客に呼び掛け、締めくくった。


◆取材・文・撮影=永田正雄