11月14日放送の「あざとくて何が悪いの?」(テレビ朝日系)で、ゲストに中島健人(Sexy Zone)が登場。中島が“グッとくるあざと女子”を完全ドラマ化した。

先週に引き続き、ゲストで中島が登場。冒頭、「どちらのあざとかわいいソングが好き?」をテーマに、エリカ(アンジュルム・上國料萌衣)が歌うYUIの「CHE.R.RY」、松浦亜弥の「LOVE涙色」の映像が流れると、中島は迷わず「CHE.R.RY」を選ぶ。

「LOVE涙色」はあざとすぎて好感が持てないようで、「CHE.R.RY」の目線が良かったと分析。「アイドルでも表情管理ってめちゃめちゃ大切なんですよ。タリー(ライト)が点いた瞬間、いかにカメラを目で殺せるかが大事」と語る。

ちなみに、田中みな実のあざとソングは「タッチ」とのこと。山里亮太に「おばちゃんじゃん!」とツッこまれるシーンがあった。

前回登場したなにわ男子の話題では、山里が「あざといの連打だった」とべた褒め。すると、中島は「(彼らは)デビュー前ですよね? あざといの絶頂期です。僕もJr.時代はあざといのエクストリームでしたから(笑)。ジャニーさんに少しでも見てもらいたくて、カバンを忘れてみたり、振り付けを忘れてみたり…。『YOUどうしたの?』と言われるのを待ってる。まず俺はジャニーさんから口説き落としました」と告白。

最後は中島がグッとくるあざと女子を完全ドラマ化。ピチピチのリブニットを着た姉御肌のユキコ(林ゆめ)が後輩男子を連れてバルへやって来る。

飲んだ後のホットワインを勧め「間接キスって今の時代はもうセクハラか?」と明るく笑い、食事が運ばれてくると「もう食べられないから食べて。お腹がこんなに出ちゃってる…触ってみる?」とアピール、さらに少年漫画にも詳しく「今度二人で『ドラゴンボール』談義しよ!」と、最後はさりげなくボディータッチを決めて見せた。

このVTRに中島は完全ノックアウト。「早く(ユキコと)二人で神龍の元へ行きたいです」ととろけそうな表情に。

冷静に見ていた弘中綾香アナは「あれすべて田中みな実です。みな実さんとお食事に行ったら、あれ全部ついてきます」とコメント。田中も「そうなのよ。私のこと言ってるのかな〜って」と語る中、中島は「意外と王道に弱いんです」と即答。女子のリブニットにも弱いらしく「凹凸を一番感じられるじゃないですか。女性として勝負に来てるという誠意にも弱い!」と語った。

ネットでは「この番組観て、中島くんの好感度爆上がり!」「王道が好きって、中島くん落とすの、意外とちょろいのかも?(笑)」「中島くんのトーク力はやっぱりすごいと思う! 頭がいいんだなー」などの声が多数寄せられた。

次回は11月21日(土)放送。ゲストに三浦翔平が登場する。