松本人志と中居正広が“会わせてみたい二人”をマッチングし、対談する二人の様子を仲人として見守るという実験的なトークドキュメンタリー「まつもtoなかい〜マッチングな夜〜」が、11月21日(土)の土曜プレミアム(毎週土曜夜9:00-11:10、フジテレビ系)で放送。MCの二人が番組の見どころを語った。

マッチングされるのは、親子初共演となる森進一とMY FIRST STORYのHiro、“ロックの神様”甲本ヒロトと俳優・菅田将暉、女優同士となる天海祐希と小池栄子、そして最も予測不可能なローラとフワちゃんという計4組。

初対面や初共演だったり、互いのことをよく知らなかったりという二人が、数台のカメラが回っている状況下でいきなり対面させられた時、いったい何が始まるのか。

松本、中居にとっても、ほぼ初共演となるゲストもいるため、スタジオには期待と緊張が入り交じった独特な空気が漂う。

企画立案から番組タイトルまで、細部にわたり番組の構成を考えてきた松本と中居。マッチングを間近に控え、中居は「怖いです」とひと言。さらに、収録の1時間前からセットを入念にチェックし、緊張をほぐすために進行をシミュレーションしていたことを明かす。

一方の松本は「『まっちゃんねる』(10月24日放送)で力使い果たした」と言い、「(今日は中居君に)任せるよ!」と言い放った。

「会わせてみたらどうなるんだろう」というMC二人の強い好奇心から始まった当番組だが、マッチングゲストは皆、松本自身が“会いたかった”人でもある。

「生の歌声が聞いてみたかった」とコンサートに足を運んだ憧れの森や、「しんどかった時代、THE BLUE HEARTSの歌に勇気をもらっていた」と感謝の思いを向ける甲本など、松本に多大な影響を与えたゲストたちが登場した時、普段見せない松本の素顔や本音が次々飛び出す。

ゲストたちの意外な一面が垣間見られたり、知られざるマル秘トークが聞けたりと、見どころ満載の2時間10分。収録を終えた松本と中居が見どころを語った。

■松本人志&中居正広コメント

――4組のマッチングを終えて、感想を聞かせてください。

中居正広:あんまりこういうことないんですけど、年がいもなく緊張してましたね。対面した途端、「あれ、どうなってしまうんだろう」って分からなくて、おどおどしてました。ミュージシャン同士の新旧マッチングはドキドキしましたね。

松本人志:ちょっと今までやってきた番組の感じとは違いましたね。笑いがいっぱいあれば良いという番組でもないですし。エネルギーもらったようなところもありますね。結局取られた方が多いですけど。

――印象的なマッチングは?

中居:森進一さん、Hiroさんのマッチングは気持ちよかったですね〜! 松本さんとずっと考えてきた番組だったので、「これだこれだ! 俺たちがやってることは間違ってなかったんだ!」という手応えがありました。

松本:でも、その後「あ、間違ってるんだ」って。

中居:一組、とんでもない泥仕合がありましたからね(笑)。本当にヤバかったですけど、自分たちの理想を掲げすぎてしまったかなと…。僕と松本さんが対応できなかったんだと反省しています。

松本:一瞬ね、ギャラクシー賞取りかけたんですけど、スッと逃げたね。

――視聴者へひと言お願いします。

中居:明日、たぶんやりますので、ぜひともご覧いただきたいと思います。

松本:見どころは、あるっちゃあるし、ないっちゃないんで、気軽にご覧ください。