11月21日放送の「あざとくて何が悪いの?」(毎週土曜夜9:55-10:25ほか、テレビ朝日系)に三浦翔平が出演する。「“あざとい女性”が好きだ」という三浦の、“ズレまくっている”感性が判明。そんな三浦の意外な素顔に弘中綾香アナも思わず「かわいい」と悶絶する。

■「脳は中2です!」三浦の実はズレまくってる感性とは…?

ドラマ「M 愛すべき人がいて」(2020年、テレビ朝日系)で三浦と共演した田中は、三浦と再会するや、自らの手で片目を隠し、ホラー味あふれる“礼香”口調で「久しぶりね」とあいさつ。これには山里亮太と弘中アナも大ウケ。

そんな田中は、撮影時の三浦の印象を受け「三浦さんは“あざとい女性”のことを多分、あんまり好きじゃないと思う。軽蔑してるところすらありそうな感じ。そうであってほしいとも思ってる」と、自信満々に分析。

ところが、当の三浦からは「(あざとい女性が)好きなんです」との証言が飛び出す。
ただし、あざとければ何でもいいというわけではないようで、“あざとい女性”の生態を再現したVTRを見ている最中も、むちゃくちゃ刺さりまくったかと思えば「イヤだなぁ」と、敬遠する一幕も。
三浦なりの“こだわり”がある気配を漂わせる。

しかし、番組が進むにつれてその“あざとさ“へのこだわりが、だいぶズレていることが番組内で判明。プライベートで三浦のハートをがっちりつかんだ、“あざとい女性”についてMC陣が尋ねると「パインパインさせる女性」という謎のワードが飛び出す。

「脳は中2です!」と、キッパリ断言する三浦のズレまくりな“あざと感性“の実態が明らかになる。

■山里、悩める三浦のために“あざとリアクション”披露!

さらに今回は、三浦がMC陣に「サプライズの誕生日祝いをされたときのリアクションの正解を教えてほしい」と相談。するとお手本を示すべく、満を持して山里が立ち上がる。

田中と弘中アナも絶賛する“あざとリアクション”を披露し、めったに見られない山里の“あざとさ”がさく裂する。