Snow Manのラウールと目黒蓮が、11月23日に都内で開催された「GQ MEN OF THE YEAR 2020」フォトコール・授賞式に、SixTONESのジェシーと松村北斗ら共に登壇した。

コンデナスト・ジャパンが刊行するメンズファッション・ライフスタイル誌「GQ JAPAN」が、各分野において圧倒的に活躍した人物を毎年称えるアワード「GQ MEN OF THE YEAR」。

15周年を迎える2020年は「CELEBRATION OF OUR HEROES」をテーマに行われ、EXIT、瑛人、大坂なおみ、黒沢清、SixTONES、Snow Man、田中みな実、NIGO(R)、福澤克雄、星野源、本木雅弘が受賞した。


「ポップ・アイコン・オブ・ザ・イヤー賞」を受賞したSnow Man。
受賞の喜びを聞かれ、ラウールは「去年、ワイドショーとかで2019年のそうそうたる顔ぶれの方々が受賞されているのを見て。その時、来年デビューすることを知っていたので、来年こうなればいいなと思いながらも難しいだろうと思ってました」と回顧。

そこから盾を持ち上げ、「こうして立派な“鏡”を頂けまして」と語って会場を笑わせると、目黒がすかさず「いや、鏡じゃないから」とツッコむ。
それを受けて、ラウールは「鏡付きの盾を頂きまして」と言い直し、またもや会場の笑いを誘うと、目黒が「17歳なので」と苦笑いしながらまたもやフォロー。

それでもラウールは「信じられないです。その時の自分に教えてあげたいです。この鏡付きの盾をゲットできることを」と言い続け会場を爆笑させ、「本当にうれしいです」と満面の笑みを見せた。

一方、目黒は「デビュー1年目でまさかこんな賞を頂けるとは、メンバーみんなで驚いて、うれしかったです。ジャニー(喜多川)さんも喜んでいるんじゃないかなと思います」としみじみと明かした。

他のメンバーの反応を聞かれ、目黒は「みんなで喜びましたし、身の引き締まる思いでした。この賞を頂いたので、これからも頑張っていこうと話してました」と告白。

そしてラウールは「グループメールでマネジャーさんに教えてもらったんですけど、みんな『了解です』って返してました。内心はすごくうれしいんですけど、業務連絡的な感じだったので」と明かし、またもや会場を沸かせると、目黒が「お仕事だからね」とツッコミ。
「待って! 俺たち漫才やってみるみたいじゃない」とぼやき、ラウールが「ミルクボーイみたいな?」と笑顔で返し、会場を和やかな雰囲気にしていた。

活躍した2020年。これから新たにSnow Manで挑戦したいことを問われると、目黒は「やる予定だったアジアツアーができなかったので、来年、再来年、いつになるか分からないですが、アジアの方に僕たちのパフォーマンスを見せに行けることができたらいいなと思っています。それまで準備をしていきたいです」と力強い意気込みを。

ラウールは「挑戦したいことはたくさんあるんですけど、デビュー後まだファンの皆さんの前でパフォーマンスができていないので、感謝の気持ちを込めてパフォーマンスができたらいいなと思います」と誓っていた。

最後に2人が自身にとってのヒーローを明かす一幕も。
目黒は滝沢秀明氏の名前を挙げ、「憧れの先輩を、ジュニアの頃から滝沢君と言っていて。たくさんのことを今まで教えていただいて、僕たちはこの場に立てていますし、滝沢くんも今回の賞を喜んでくれていると思います」と感謝。

一方、ラウールは「ドクターX 〜外科医・大門未知子〜」(テレビ朝日系)が大好きだといい、「大門未知子さんがヒーロー。シリーズ全部見ました」と口にし、会場は爆笑。
目黒が「いやいや」とツッコミつつも、ラウールのあまりの無邪気さに「だそうです。すみません」とフォローし、2人とも笑顔で締めくくっていた。


◆取材・文・撮影=TAKAMI