窪田正孝が主演、二階堂ふみがヒロインを務める連続テレビ小説「エール」(毎週月〜土曜朝8:00-8:15ほか、NHK総合ほか※土曜は月〜金曜の振り返り)。11月24日放送の第117回では、華(古川琴音)とアキラ(宮沢氷魚)の“結婚記念コンサート”が行われ、“花嫁の父”裕一(窪田正孝)の心のこもったスピーチが涙を誘った。(※以下、ネタバレがあります)

■「たまらなく寂しい」

第117回では、「クリスマス慈善音楽会」シーンで音の晴れ舞台にもなった聖マリア園で、華とアキラの“結婚記念コンサート”が行われた。

裕一や音(二階堂)をはじめ、福島三羽烏の久志(山崎育三郎)や鉄男(中村蒼)、バンブーの保(野間口徹)と恵(仲里依紗)、吟(松井玲奈)一家…。いつもの顔ぶれが集まり、ステージ上ではリーゼントに固めたアキラがロカビリーを披露。会はにぎやかに執り行われた。

コンサートの締めくくりは、裕一のスピーチ。華が誕生した日のことを振り返り「あの日から今日まで本当にあっという間でした。親として、娘が巣立つこの日を心待ちにしなきゃいけないはずなのに、たまらなく寂しい。父さんは、華が娘で幸せでした。ありがとう、華。おめでとう」と挨拶した裕一に、出席者から暖かい拍手が送られた。

裕一の人生を見守ってきた視聴者からも「裕一のスピーチが沁みた」「『たまらなく寂しい』で泣いた…」「華ちゃんへの思いがあふれてる。華ちゃんの涙にもらい泣き」といった感動の声が上がった。


■木枯(野田洋次郎)との巡り合わせも話題に

第117回後半では、華の結婚からさらに5年が経過し、裕一の元に「オリンピックマーチ」作曲の依頼が舞い込むエピソードが描かれた。「東京五輪音頭」を任されたのは、若い頃コロンブスレコードで共に切磋琢磨していた木枯(野田洋次郎)。この巡り合わせに、視聴者からも驚きの声が上がった。

「エール」は残すところあと3話。第118回では、その木枯が久々に登場する。
なかなか「オリンピックマーチ」に取り掛かろうとしない裕一を見かね、音は木枯に相談を持ち掛ける。木枯が古山家を訪れると、鉄男や久志、藤丸と、懐かしい顔ぶれがそろう。