11月24日、大食いフリーアナウンサーの谷あさこが、アシスタントを務める番組「美BODYサロン」(毎月第4木曜夜0:00-0:25BSフジ)のリニューアル発表会見を東京・ASICS Sports Complex TOKYO BAYで開催した。

魔裟斗がサロンオーナー(MC)を務める「美BODYサロン」に谷はアシスタントとしてレギュラー出演中。26日の放送から内容をリニューアルし、会見を行なったトレーニング施設に様々なジャンルの現役アスリートをゲストに迎えて、その競技種目ならではの体の鍛え方、独自の“美BODY作り”を伝授してもらう。
「これまで通り、魔裟斗さんと番組を進行させていただきます。お家で簡単に出来るトレーニングやストレッチ、食事、睡眠、栄養補給など、皆さんのためになる美BODYメソッドが盛りだくさんです。26日のリニューアル後1回目の放送ではアルティメッド日本代表選手の田村友絵さんをお招きして、日々のトレーニングからライフスタイルまでたくさん詳しくお聞きしました。ぜひ見ていただきたいと思います!」とリニューアルする番組の見どころをアピール。

番組と連動して、美しい身体を競う男女年齢別コンテスト「ベストボディ・ジャパン2020」に挑戦中。9月22日、地方予選となる“さいたま大会”に参戦した。
「もともとトレーニングとは無縁で、運動も得意ではなかったんですが、この番組に携わったことをきっかけに体に関して興味を持ち始め、トレーニングも楽しくできるようになりました。番組のプロデューサーさんや魔裟斗さんから『ベストボディ・ジャパン』への出場を打診された時は、私が大食いでたくさん食べますし、お仕事で大食いをすることも多いので、その両立ができるのか不安でした。でも『できるよ』って言っていただいたので出場を決心しました」

その“さいたま大会”でミス・ベストボディ部門「ガールズクラス(18〜29歳)」で4位、ミス・モデルジャパン部門「ガールズクラス」で2位を受賞。この結果を受けて、12月12日に行われる“日本大会”の出場権を獲得。
「全国大会は、地方大会で輝いたグランプリの方が集まってきますのでハードルの高い、厳しい争いになりますが、残り少ないんですがトレーニングを頑張って、ステージ上では自信満々に頑張りたいと思います!」と意気込みを語った。日本大会決勝の模様は、12月24日(木)の回にて放送予定。

トレーニングと大食いの両立を実践しているということで、コンディションを維持する方法を聞かれると「トレーニングをするにあたっても、食事管理をするにあたっても、ノンストレスでいることが成功の秘訣だと思います。後は、食べる時は食べる。摂生する時は摂生する。そんなふうにメリハリをつけて生活を心掛けています」と回答。


“大食い”で注目されている谷。「普段は1日1食なんですけど、その1食が5〜6時間ぶっ通しで、好きなものを好きなだけ食べてる感じなんですよ(笑)。たぶん、普通の人が食べる1食分×6〜10ぐらいを食べますね。例えば、焼肉屋さんに行って、ラーメン屋さんに行って、最後に焼き鳥屋さんに行って…、好きな物を、目についた物をずっと食べてます」という仰天エピソードを披露。これを1日おき、週3〜4ペースで行なっているという。

しかし、「日本大会」に向けて私生活での大食いは封印中。仕事での大食いも11月いっぱいまで続けていくが、12月からは大会に向けて摂生する生活に入るようだ。
「トレーニングを始めたことで腹筋が鍛えられ、大食いをしてもお腹が出なくなり、衣装選びが楽になりました」とトレーニングを続けてきた成果を話し、理想のボディを「ビクトリアシークレットのショーに出てるモデルさんみたいに誰もが羨む体型」と答えた谷。

「でも、身長も違いますから、自分のできる範囲で(笑)。ただ痩せるだけじゃなくてメリハリのあるボディを目指したいと思います!」と自分のペースで更に“美BODY”を磨いていくことを宣言して会見を締めくくった。

取材・文=田中隆信