11月24日に放送された「華丸大吉&千鳥のテッパンいただきます!」(フジテレビ系)に、トリンドル玲奈が出演。ある大物芸人から言われたひと言に、胸キュンしたという出来事を明かした。

女性芸能人が仕事中に言われた共演者からのひと言に、思わず“キュン”してしまった瞬間を完全ドラマ化する新企画「その瞬間キュンです」。その再現ドラマでトリンドルは、9年前のデビュー当時、慣れないバラエティー番組に出演した際、他の共演者からは「トリンドル」と呼ばれる中、ある大物芸人だけは親しみを込めて「玲奈」と呼んでくれたと語った。

だがそれから5年後、再び共演した時、その芸人から「トリンドルさん」と呼ばれ、そのよそよそしい呼び方に寂しさを感じ、休憩中に「昔は『玲奈』って呼んでくれていたのに、今日は『トリンドルさん』なんですね…」と意を決して聞くと、その芸人は「何年も前のことだから、申し訳ないかなと思って。こんなに売れてるのに『玲奈』って呼びにくいだろ」とその理由を説明。

「そうですか…」と納得したトリンドル。しかし収録が再開すると、その芸人からの呼び方が「玲奈」と昔の呼び方に戻っており、これにトリンドルは「5年ぶりに『玲奈』って呼んでくれた」と胸キュン。その後もトリンドルを「玲奈」と呼び続け、周りを気にせず、以前の名前呼びに戻してくれた優しさにキュンとしたというエピソードを紹介した。

「トリンドルさん」から「玲奈」の名前呼びに戻った瞬間、大悟(千鳥)は「こいつヤバイ、こいつヤバイ男やぞ!」と大声で言っていたが、その大物芸人が浜田雅功(ダウンタウン)だと明かされると、即座に「あの方はスゴいと思う!」と取り繕い、「さすが、それはおじきくらいにしかできないよ」と言い訳し、笑いを誘っていた。

次回の「華丸大吉&千鳥のテッパンいただきます!」は12月1日(火)夜10時より放送予定。ゲストに三村マサカズ(さまぁ〜ず)、小林幸子、石原良純、稲村亜美、與那城奨(JO1)、河野純喜(JO1)が出演する。