成田凌・清原果耶のW主演作「まともじゃないのは君も一緒」が、2021年3月19日(金)より全国公開することが決定し、キービジュアルと特報映像が解禁。そして、キービジュアルが使用されたチラシが、11月28日(土)より映画館で展開する予定だということが明らかになった。

同作で成田は、世の中の常識や普通が分からない男性・大野を演じる。「普通に結婚して、普通に暮らしたい」と思うが世間になじめず、自分の何が普通と違うのか分からないでいるといった役どころ。
一方、清原はSNSなどあらゆる情報から、世の中を知ってるつもりでいる女子・香住役を。得意げにアドバイスするが、実は恋愛未経験でウブな内面の持ち主を演じる。

なお、監督は吉高由里子主演の「婚前特急」や、橋本環奈主演の「セーラー服と機関銃 卒業」の前田弘二が、脚本は「そこのみにて光輝く」の高田亮が担当。
「婚前特急」「わたしのハワイの歩きかた」でタッグを組んできた前田と高田が、再びタッグを組む。

■成田&清原のインパクトのある表情に注目!

今回解禁となったキービジュアルは、成田と清原のインパクトのある表情の顔の切り抜きが並ぶ斬新なデザイン。タイトルの「まともじゃないのは君も一緒」に対し、「いたって普通の映画です。」というコピーが同作のおかしみを伝える1枚となっている。

「ま」「と」「も」「じゃ」「ない」「のは君も一緒」の映画タイトル文字は、個性的な世界観で注目を集めるイラストレーターの福嶋舞が担当する。

特報は、清原演じる香住が「もったいないね!中身がまともだったら絶対彼女できると思う」と成田演じる大野に言い放ち、それを不思議そうに「まとも?」と大野が返すシーンから始まる。

あいみょんなどの楽曲プロデュースも行っているクリエーター・関口シンゴによる軽快な音楽がリズムよく流れる中で、「先生のこと好きなんです」と告白する女性に対し「それ定量的に言ってもらえるかな」と、ピントがずれた発言をする大野。
さらに、香住の「先生、一生結婚できないと思う」という言葉に衝撃を受ける大野の姿も。

他にも「普通に結婚がしたいんだよ」と言う大野に「先生は普通以下!だから私の言うことを聞いて」と畳み掛ける会話の応酬が続く。ラストは「世の中の《普通》に馴染めないおかしな二人の奮闘記」というコピーが浮かび上がる。

全くかみ合わない主人公たちを、演技派の成田と清原が見事な会話劇で演じた特報映像となっている。

■「まともじゃないのは君も一緒」あらすじ

予備校講師・大野は、独身・彼女なし。ずっと1人で大好きな数学の世界で生きてきた。今の生活に不満はないが、このままずっと1人なのかと不安になることもある。自分だって普通に結婚したい。

ただ、普通が何か分からない。女の子とデートをしてもなんだかピントがずれているような空気は感じているが、どうしていいのかはわからない大野。

教え子の香住はそんな大野を“普通じゃない”と指摘してくれる唯一の相手。大野は香住に「どうしたら普通になれる?普通を教えてほしい」と頼み込む。