佐藤浩市が、12月3日(木)放送の「オールナイトニッポンGOLD」(夜10:00-0:00、ニッポン放送)で、一夜限りのパーソナリティを務めることが明らかとなった。“人生初のラジオパーソナリティ”を務めるという佐藤は、12月10日(木)の誕生日をもって還暦を迎える。そんな佐藤にとって、俳優デビュー40周年の締めくくりとなる「佐藤浩市のオールナイトニッポンGOLD 〜映画『サイレント・トーキョー』スペシャル〜」では、12月4日(金)公開の同作共演キャストも勢ぞろいする予定だ。

同番組では、映画の舞台が「クリスマスの渋谷」ということから、「クリスマス」をテーマにした楽曲などを流しながら、佐藤の役者人生40周年のラストを飾る作品「サイレント・トーキョー」の魅力を語っていく。

さらに、佐藤と親交の深い芸人・イワイガワの井川修司と岩井ジョニ男も、アシスタントとして出演。かつて佐藤の付き人を務めていた井川だからこそ語れる、知られざるエピソードも飛び出す。

■佐藤浩市コメント

今回、縁あって人生初のラジオパーソナリティを務めることとなりました。しかも、私が子どものころから放送されていた歴史ある番組「オールナイトニッポン」ということで、嬉しく思います。

中学生の頃、その当時は自分たちの意見を闊達に交換できる場所といえばラジオだったので、「オールナイトニッポン」も含めてよく聞いていました。みんなの話を聞きながら自分と比較して、生き方や物事の捉え方、そんなことを笑いながら考えられる場所だったように思います。

まあ、今回はおっさんがしゃべりますので(笑)。お手柔らかにお聞きください。