三木孝浩監督が11月22日、東京・ユーロライブで映画監督デビュー10周年を記念した映画上映イベント「三木孝浩 filmo day 〜音楽と映画〜 2020」を開催。

イベントでは、これまでの三木監督作品の中から映画3作品、三木監督の映像作家としての原点となるミュージックビデオをスクリーンの大画面で上映。
上映後にはゲストの宮崎あおい、野間口徹と舞台あいさつ、ティーチインを行い、これまでの作品を振り返りながら当時を語った。

■「ソラニン」主演・宮崎あおいと当時を振り返る

初めに、三木監督は「今年は長編映画監督デビューをして10周年になるんですが、この10年を振り返って、皆さまにご満足いただけるようなラインアップになっていると思いますので、楽しんでいただけたらうれしいです」とあいさつ。
「ソラニン」(2010年)上映後の舞台あいさつでは、サプライズゲストとして主人公・井上芽衣子を演じた宮崎が登場。

三木監督は「控室で何をしゃべろうかと考えていたのですが、謝罪から始めさせていただければと思っています(笑)。長編映画の第一作で、それまでミュージックビデオはたくさん撮っていたのですが、映画は不慣れで、今思い返すと背筋が凍るくらい宮崎さんにご迷惑をお掛けしたんじゃないかと思っていて」と、当時を振り返る。

宮崎は「私の中では監督もキャストも含めて、一緒に青春をしているみたいな、そんな印象がすごくあります」とコメント。

また、三木監督は「現場中、今思い返すとデザインとしての画を見てるけど、ちゃんと宮崎さんが出してくれている心の動きをちゃんと見られていたかなと、後になって反省することが多くて。『ソラニン』はすごく良い映画になったし、評価もされたんですけど、僕自身はすごく悔しかったんです。
キャストの皆さん、原作、ASIAN KUNG-FU GENERATIONの音楽も素晴らしい、でも僕は監督として何か貢献することができたかなと。その悔しさがあったからその後の映画作りに生かすことができたと思っていて、そういう意味では特別な作品なんです」と明かす。

宮崎は、企画を聞いたときの心境を聞かれ「元々歌も苦手ですし、楽器を弾いたこともなかったので、ギターを弾くというのがすごく楽しそうだなと思って。ギターの練習もさせていただけたし、とてもやりがいのある役だったなという印象があります」と振り返るとともに、「いまだに自分の中ですごく好きな作品で。会う人に『ソラニン』好きですと言ってもらえることが多くて、自分が好きな作品は10年たっても(好きだと)言ってもらえるというのは良いなと、しみじみ思う作品です。演奏シーンが好きで、自分でも見たりします」と笑顔を見せる。

撮影当時はコード進行も完璧だったという宮崎は、「ギターを背負って歩いているのが楽しくて、どんどん芽衣子ちゃんに近づいていくような気持ちもありましたし、指が固くなっていく感じもすごく楽しかったです。今も自分でギターを持っているのですが、10年たっているので弾き方を忘れちゃっているんですよね。ところどころしか覚えていないので悔しいな、思い出したいなと思っています(笑)」と明かした。

続いて、観客からの質問に答えるコーナーへ。「キャスティングはどう決まりましたか?」という質問に、三木監督は「最初に宮崎さんにお声掛けしまして、その後、高良(健吾)くんという順番で、高良くんは『蛇にピアス』(2008年)に出た後くらいで、種田みたいなイメージがなかったんですけど、プロデューサーからの提案で顔合わせをしたときに、ふわっと雰囲気のある感じが種田っぽかったのでこの人だと思いました。

僕がこの映画に唯一貢献できたなと思っている部分は近藤(洋一)くん。すごくポジティブマインドの持ち主で、僕が元々サンボマスターのライブを撮っていたというのもあるんですけど、それで無理を承知でオファーしたら快諾していただけました」と回答。

その後、三木監督が「今日お会いできて本当にうれしかったです。公開した後ってそんなにお会いする機会もないので、作品がどうだったとか、現場がどうだったとかゆっくり話すこともないですし、来てくださってありがとうございます」と話し、宮崎に「またご一緒していただけますか?」と聞くと、「ぜひぜひ」と宮崎が答え、会場は拍手に包まれる。

また、宮崎は「作品に入るに当たってクリアしなきゃいけない課題、大きな壁があればあるほど燃えるので、そういうのがある方が好きですね」と話した。

■「くちびるに歌を」での新垣結衣の役作りとは?

続いて「くちびるに歌を」(2015年)を上映。ティーチインで、「お兄ちゃん役の渡辺大知さんのお芝居がとても良かった。現場ではどんな演出をされたのか?」という質問に、「この作品において、渡辺大知くんが演じたお兄ちゃんの出す空気感というのが素晴らしかったです。最初にご本人と一緒に自閉症の方がいる施設にお伺いして、先生と一緒にいる姿とかを拝見したのですが、自閉症スペクトラムといってもグラデーションがあって、人それぞれのキャラクターがあるというところを、渡辺大知くんがいろいろな人のしぐさを見てミックスして現場でやってくれて、それが本当にすてきだなと思いました」と回答。

「また、撮影前に見てもらったのが『ギルバート・グレイプ』(1993年)という作品で、その映画でレオナルド・ディカプリオが演じた知的障害者の方のお芝居が素晴らしくて。『くちびるに歌を』の中で、車で3人並んで映っているシーンがあったかと思うんですけど、あれは個人的に『ギルバート・グレイプ』のジョニー・デップとジュリエット・ルイスとディカプリオが3人並んでトラックで走るシーンが大好きで、僕の中でちょっとしたオマージュになっていたりします」と裏話を明かす。

「当時の生徒役の子たちが今たくさん活躍しているが、当時からその可能性を感じたか?」という質問には、「今だと恒松祐里ちゃんや、葵わかなちゃん、佐野勇斗くんだったりがそれぞれの世界で頑張っているのはうれしいなと思いますけど、当時はどちらかというと俳優というよりは、生徒の子たちと地方に合宿に行っているような気分で撮影をしていたので、自分の中で役者と接しているというよりは生徒と接しているような感覚でした」とコメント。

「実は、僕自身もびっくりしたのが、クランクアップの日にみんなと撮影が終わった後に初めて泣いたんですよ。これって先生が生徒と別れるときに感じるやつじゃんと思って(笑)、他の撮影ではそういうことがなかったんですけど、この映画のクランクアップでは生徒たちが最後に泣いているのを見たら、僕だけじゃなくてスタッフももらい泣きしていました」と振り返る。

さらに、「ガッキー(新垣結衣)が役作りのために、子どもたちと距離を置いていたというのは本当か?」と問われると、「はい(笑)、そうなんですよ。厳しめのツンデレ先生だったので、現場で生徒役の子たちとは親しくしないというか、役の上での関わり方を徹底してやっていたので、クランクアップ後の打ち上げでめちゃめちゃフランクに話していて、逆に生徒役の子たちがびっくりしていました(笑)。
新垣(結衣)さんともずっと合宿状態で、東京に帰ることなく泊まり込みで撮影をしていたので、一緒に遊びにいったりとか、川遊びをする機会もあって、すごく楽しかったです」と話した。

■10年たって成長した山崎賢人と再会!

その後、「管制塔」(2011年)と、ORANGE RANGE「キズナ」、YUI「LIFE」、FUNKY MONKEY BABYS「もう君がいない」のミュージックビデオを上映。三木監督は「『管制塔』はデビューしたての山崎賢人くんと最初にご一緒した作品でもあるんですけど、また来年公開の『夏への扉 ―キミのいる未来へ―』という作品で、10年たって成長した彼とご一緒できて楽しかったです」と話す。

「約10年前の『管制塔』の山崎と、『夏への扉 ―キミのいる未来へ―』でご一緒していたが、山崎の印象は変わったか?」というティーチインでの質問に、「『管制塔』のときの賢人くんは、まだデビューしたばかりで右も左も分からないという空気感があったんですけど、ふと切ない表情をするときの目が好きで、久しぶりに会ったときにその空気感はいい意味で変わっていないと思いました」とコメント。

「もちろん役者として相当成長されているし、賢人くんの良さって、例えば漫画原作の主役とかいっぱいやられていますけど、本当にどんなキャラクターにもなれる柔軟性というか、自由度の高い俳優なんだなというのはあらためて思いました。自分の色を何色にでも変えられというのが、賢人くんの良さなんじゃないかと。それは『管制塔』の当時にはまだ感じられなかったので、何本も主演作を経験して培われたものなんじゃないかと思いました」と明かす。

また、「山崎の演出で苦労したところは? ねばったところは?」との問いには「撮影が真冬の稚内(北海道)だったんですよ。マイナス10℃以下みたいな世界で撮影をしていたので、特に丘の上のシーンはしゃべりたくても口が動きませんみたいな状態になっていて、お芝居というよりは単純に環境に苦労した点がすごくありました。
芝居より現場での大変さに対応するのに必死で、むしろ芝居に変に肩の力が入らなくて、その場のシチュエーションに合わせてお芝居ができたので、逆に過酷な環境というのは芝居がリアルになるので良かったかなと思いました」と当時を振り返った。

■野間口徹は三木監督の長編作品全てに出演

ここでサプライズゲストとして三木監督の長編作品全てに出演している野間口徹が登場。
「それこそ『ソラニン』から全作品に出演していただいているんですよ。なんでここまで続いたのか、最初のスタートラインが思い出せない」という三木監督に、野間口は「たしか3本目くらいで、監督が『なんかレギュラーみたいですよ』と言って、これからも出ちゃいますかみたいな感じでしたよ(笑)」と伝え、会場が笑いに包まれる。

「全作品、どんな形であれ出ていただきたい」という三木監督に、野間口は「僕もそう思っているんですが、皆さんの映画の感想を見ると、『また野間口さん出てる。笑った』とあって(笑)、笑いが必要じゃないシーンでも『笑った』となっているのは三木さんの映画にとって良いのだろうかとは思いますよ」と回答。それを聞いた三木監督は「あのワンポイントほっこりが必要なんですよ」と笑顔で話す。

続いて、「ソラニン」から「フォルトゥナの瞳」(2019年)まで、野間口が出演している作品の場面写真を公開。「アオハライド」(2014年)や「坂道のアポロン」(2018年)の撮影でのエピソードを振り返り、公開中の「きみの瞳が問いかけている」の話題に。

「この映画が久々に役者・野間口徹の真骨頂というか、だいぶ長尺で出ていますよね(笑)。今や日本一忙しいバイプレーヤーじゃないかというくらい。そんな野間口さんにスケジュールを頂くというのがなかなか大変でしたけど、『きみの瞳が問いかけている』はどうでした?」と尋ねる三木監督。

野間口は、「女性をああいうふうにじゅうりんする役というのをやったことがなかったですし、もちろん私生活でもないんですけど(笑)、こういう役が来るようになったんだというところがうれしかったのと、吉高(由里子)ちゃんが『野間口さん実際に殴っていいっすよ』と言ってくるんで、本当かなと思って監督やプロデューサーの方を振り返ると、みんなNGを出しているという(笑)」と振り返る。

最後に、三木監督は「10年と言いつつも、作品の本数としては10本以上撮ってはいるんですけど、まだまだ自分のターニングポイントには来ていないという感じがあります。それこそ最新作の『きみのめ』もそうですし、次の『夏への扉 ―キミのいる未来へ―』もそうなんですけど、自分の中でチャレンジしていない新たなジャンルの企画をいただいたときにすごくワクワクするんですよね。今後もまた10年後とかにまたこういったイベントができたらと思うんですけど、頑張って皆さんを楽しませられる作品を作り、これからも続けていきたいと思っておりますので、今後とも応援よろしくお願いします」とメッセージを送り、イベントを締めくくった。


※宮崎あおい、山崎賢人の「崎」は「立さき」が正式表記