毎週火曜深夜に北海道テレビ(HTB)で放送される食バラエティー「おにぎりあたためますか」。12月1日(火)は“北海道の飲食店を応援する旅・札幌編(3)”を放送する。

老舗の文房具店で知られざる万年筆の世界に魅せられた大泉洋と戸次重幸は、オリジナルインクの調合に挑戦する。出来上がったインクにそれぞれ名前を付けるのだが、そこでとんでもないネーミングが飛び出すことに。また、室岡里美の思い出のシャモ料理店で爆笑クイズが出題される。

写真を通して北海道179市町村の魅力を再発見すべく、藤尾仁志と河野真也がスマートフォンを片手に街の風景を収め、番組公式のインスタグラムで視聴者からの「いいね!」の数を競う「オクラホマの北海道絶景ハンター」。

13市町村目の対決で西興部村(にしおこっぺむら)を訪れている藤尾は、街に溢れる建物の彩りに驚きを受けつつ、珍しいネーミングの施設へ向かう。そこでは、夢があふれる木工遊具のパラダイスが待っていた。