2011年に誕生し、2020年に9周年を迎えたHKT48。11月25日に、11月2日にオープンしたばかりの専用劇場で「HKT48劇場9周年前夜祭」を行い、26日には「HKT48劇場 9周年記念特別公演」を開催。全45曲を披露し、大盛り上がりの記念公演となった。

メンバー総出演による「HKT48劇場 9周年記念特別公演」は、初の前座からスタート。今年の4月3日より活動を休止していた研究生の長野雅がサプライズでステージに登場し、お客様の拍手に迎えられながら「ロマンスかくれんぼ」をパフォーマンスした。

再び幕が上がると、チームHの公演曲「RESET」で本編がスタート。続いてチームKIVは「制服の芽」、チームTは「手をつなぎながら」、研究生は「脳内パラダイス」を披露。今年の2月ぶりに、各チームの公演楽曲を観客の前で披露した。

冒頭のMCでは、長野がメンバー全員から「雅、おかえり!」と迎えられるシーンも。チームHキャプテンの松岡菜摘が「今日は49人で楽しい思い出を作りたいと思います!」とあいさつすると、大きな拍手が起こり、劇場内は温かい雰囲気に包まれた。

続いて、ステージではさまざまなユニット曲や公演楽曲、シングル曲を披露。12月1日(火)に開催される「AKB48グループ歌唱力No.1決定戦」の決勝進出を決めた秋吉優花、坂本愛玲菜、豊永阿紀の3人は、アカペラから始まる「青春の出口」で圧倒的な歌唱力を発揮。松岡菜摘率いるビジュアルユニット「Chou(シュー)」とチームKIVキャプテン・本村碧唯率いるダンスユニット「Lit charm(リットチャーム)」は、4月にリリースした「3-2」のカップリング曲を初パフォーマンス。

また、今年の「AKB48グループリクエストアワー セットリストべスト50 2020」で1位を獲得した田中美久センター曲の「ロマンティック病」も1位獲得後、劇場にて初披露された。

MCコーナーでは、坂口理子が声援などの制限ルールを守ってくれている観客へ「コールの変わりに皆さんが大きな拍手をくださったり、ペンライトを振ってくださったりして、(ステージまで)届いています。ありがとうございます」と感謝を述べた。

公演終盤には、デビュー9年目を迎える1期生で「少女たちよ」を披露。「人数は減っちゃったけど、みんなのこと大好き」と村重杏奈が号泣すると、周りのメンバーもつられて泣いてしまう一幕も見られた。

本村は「思うようにいかない中、こうやって劇場をオープンすることができて、9周年を皆さんがお祝いしてくれて、本当に幸せだなと実感しています。10年目も11年目も、これからもHKT48らしく、私たちにしかできないことを見つけて、進んで、大きくなっていけたらいいなと思っています」とあいさつ。全員で一礼すると、温かい拍手が送られた。

さらに、田島芽瑠は「HKT48らしさを失わず、どんな時代でも盛り上げられるような、元気と笑顔を届けられるようなグループでありたい」と話し、松岡菜摘はこの1年、自分たちの実力不足を感じたと言い、「HKT48は笑顔と愛にあふれていて、とってもすてきなグループで、本当にもっともっといろんな方に見てほしいメンバーがたくさんいます。10周年の1年はたくさん良い報告ができる1年にするという目標を決めさせていただきます。笑顔いっぱいの1年にして10周年を迎えられたらいいなと思います」と決意表明。周りのメンバーも「頑張ろう!」と意気込んでいた。

そして、9周年を締めくくった最後の曲は「HKT48」。記念すべき10年目に向けてのパワーを感じさせるような力強いパフォーマンスで、大盛り上がりのまま「9周年記念特別公演」は幕を下ろしました。