11月29日、「第12回TAMA映画賞授賞式」が東京・府中の森芸術劇場で開催され、俳優の福山雅治、濱田岳、宮沢氷魚が登壇した。

同アワードは、多摩市および近郊の市民からなる実行委員が「明日への元気を与えてくれる・夢をみせてくれる活力溢れる〈いきのいい〉作品・監督・俳優」を映画ファンの立場から感謝の気持ちを込めて表彰するもの。
今回は2019年10月〜2020年9月に劇場公開された作品が対象となっている。

「最優秀男優賞」を受賞したのは、「ラストレター」「マチネの終わりに」に出演した福山、「喜劇 愛妻物語」「グッドバイ 嘘からはじまる人生喜劇」「コンフィデンスマンJP プリンセス編」などに出演した濱田の二人だった。

大きな拍手の中、福山がステージに登場し、「こういった賞を頂くのはずいぶん久しぶりです。本当に手渡されるとこんなに重いんだなって。この重みを感じながら、晩酌するのを楽しみにしてます。本当にありがとうございました」とあいさつ。

「ラストレター」で演じた役柄の10代の頃を神木隆之介が演じていることに触れ、「神木君と僕とで頂けた賞、作り上げた役柄だと思いますので、神木君にも何かおごります(笑)。ありがとう、神木くん!」とたたえた。

「(神木は)緻密な俳優なので、彼の方から『こういうアプローチいかがですか?』とプレゼンを受けて、僕の目の下にホクロがありまして、それが一つの特徴になっているようなので、『ホクロ、足してもいいですか?』って相談されました(笑)。むしろ、神木君の方が役作りを提案してくれて、僕はそれに乗っかって演じさせていただきました」と、二人でのやりとりも明かした。

また、今後について聞かれ「お呼びいただける作品をずっと待っております。これからもどんな役でも頑張って演じていきたいと思いますので、事務所に問い合わせをして、スケジュールの確認をしていただければ」と和ませ、「本当に自分でも音楽デビュー30周年ですけど、50になり30周年を迎えるともう少し楽に取り組めたり、余裕の気持ちが生まれたりすると思ってたんですが、そうはなってないですね。今後も貪欲に仕事をしていきたいと思いますので、映画関係者の皆さんも『この役、福山がふさわしいかな』と思ったら、事務所にお問い合わせください」と笑顔で念押しした。

■濱田「見ていただけたら笑ってもらえるんじゃないかなって」

一方、濱田岳は「いやぁ、なんともお恥ずかしいですね。監督をはじめ、われわれ、小さな家族のひと夏の思いが、世界を変えてしまうような渦を乗り越えて9月11日に公開できたこと。それは本当に奇跡のようなことで、夢のような時間でした。俳優をやっていてこんな幸せなことがあるんだなって、あんな役だけど(笑)」と、作品と役柄への愛情を感じさせるコメントを。

さらに「本編で、全裸に近い状態で子どもの前で妻に怒鳴られるというシーンがありまして、それでも心が折れない、響かない役をやりました。見ていただけたら笑ってもらえるんじゃないかなって思います」と観客に見どころを伝えた。

最後は「徒然なるままに頑張っていこうと思います。皆様に応援していただけるような作品作りを頑張っていきたいと思います」と抱負を語った。

「his」に出演した宮沢氷魚は、本年度最も飛躍した男優、もしくは顕著な活躍をした新人男優に贈られる「最優秀新進男優賞」を受賞。

「役者を始めて3年近くたつんですけども、賞を頂くのは初めてなので、一生忘れないと思います。この3年間に出会った作品、監督、キャスト、皆さんに感謝したいと思います」と初受賞の喜びを表した。

「初主演映画ということでプレッシャーはあったんですけど、藤原季節くんにすごく助けられて、楽しい作品になりました。季節くんとは白川で撮ったんですけど、10日間一緒に共同生活を送りました。本当に変わってる子で(笑)、10日間白川に行くって本人も知ってるんですけど、Tシャツ一枚と下着一枚ぐらいしか持ってきてなくて、『ごめん、氷魚、タオル貸して』っていうところから始まった関係なので、季節くんの自分を開いて僕を受け入れてくれたところに感謝しています。季節くんじゃなければこの作品は成立しなかったと思います」と共演者への感謝の気持ちも伝えた。

今後チャレンジしてみたい役については「サイコパスというか、飛んでる役をやってみたい」と語った。

「サヨナラまでの30分」「思い、思われ、ふり、ふられ」「影踏み」などに出演した北村匠海にも「最優秀新進男優賞」が贈られた。

残念ながらスケジュールの都合で欠席となった北村だが、「皆さん、こんにちは、北村匠海です。新進男優賞ということで、名誉ある章を頂いてうれしく思います。いろんなことが1年間で起こりますが、とにかく今はエンタメや映画という世界で、とにかく前に進んでいるような作品を打ち出したり、盛り上げていくしかないと僕自身思っています。そこに少しでも関われているのであればうれしいと思いますし、新進という言葉が似合う俳優として2021年も頑張っていきたいと思います!」とビデオメッセージで気持ちを伝えた。


◆取材・文・撮影=田中隆信