11月29日、「第12回TAMA映画賞授賞式」が東京・府中の森芸術劇場で開催され、女優の水川あさみ、松本穂香、森七菜が登壇した。

同アワードは、多摩市および近郊の市民からなる実行委員が「明日への元気を与えてくれる・夢をみせてくれる活力溢れる〈いきのいい〉作品・監督・俳優」を映画ファンの立場から感謝の気持ちを込めて表彰するもの。
今回は2019年10月〜2020年9月に劇場公開された作品が対象となっている。

「喜劇 愛妻物語」「グッドバイ 嘘からはじまる人生喜劇」「ミッドナイトスワン」に出演した水川は、本年度最も心に残った女優に贈られる「最優秀女優賞」を受賞。

「主演女優賞を頂いたのは今回が初めてで、飛び上がるぐらいうれしかったです。この『喜劇 愛妻物語』の役に運命的なものを感じました。絶対にこの役をやりたい!と強く思えた役で賞を頂けたのがうれしいです。一生忘れることのない思い出になりました」と心境を語り、「全く違う色味の役柄を演じさせてもらったなという印象です。特に今年は映画と深く関わっていた一年でしたね」と2020年を振り返った。

「濱田岳くんの横には、役のモデルとなる監督が現場ではいつもいるので、二人が並んだ顔を見てると、自然と怒りがこみ上げるというか(笑)、自然とイライラする状態でした」と、「喜劇 愛妻物語」の撮影を回顧。

今後挑戦してみたい役については「どんな役でも自分が出会ったことのない役なら挑戦していきたいです。地を這うような人間味あふれる役に出逢えたらいいなって、なんとなくですけど、思います」と語り、締めくくった。

もう一人、長澤まさみにも「最優秀女優賞」が贈られたが、スケジュールの都合で欠席。代理として、映画「MOTHER マザー」の監督である大森立嗣が登壇した。

「素直に、僕としては(受賞は)うれしかったんですけど、長澤さん、見たかったですよね? すいませんね(笑)」と会場を和ませた後、「なかなか大変な役に長澤さんが挑んで、こうやって結果が出たことは僕としてもうれしいです」と喜びを表現。

また、長澤の印象について聞かれると「お仕事をするのは初めてなんですけど、日本を代表するスターですから、この作品で出会ったということで長澤さんの志の高さを感じました。いろんな映画が必要で、『MOTHER マザー』っていう映画は内容的にもきつい部分もあって、そういう作品を選んでくれてることに一番拍手というか、映画界全体に与える影響を感じました」とコメント。

■松本「撮り方一つ一つに愛情を感じます」

「君が世界のはじまり」「わたしは光をにぎっている」「酔うと化け物になる父がつらい」「his」などに出演した松本穂香は、本年度最も飛躍した女優、もしくは顕著な活躍をした新人女優に贈られる「最優秀新進女優賞」を受賞。

ステージに登場した松本は「今回、『君が世界のはじまり』というふくだももこ監督との2作目となる作品で、ふくださんと一緒に受賞できたことが本当に本当にうれしくてたまりません。また違う作品で監督と一緒にこの場に立てるように、これからも頑張っていきたいと思います」と思いを伝えた。

「最優秀新進監督賞」を受賞したふくだ監督もステージに登場し、「単純に松本穂香ちゃんのことが好きなんです。最初は『顔がおもろいから好き』って言ってたんですけど、最近大人の顔になってきてて、めっちゃキレイになってきてる。すごく芯が強くて、声もよくて、度胸も良くて。それを見せない、見えないけど、芝居をしたら分かるっていう最高の俳優です」と松本をベタ褒め。

それを聞いた松本は「今、初めてじゃなくて、日頃伝えてくれてるので、映画を通してみてもすごくみんなの撮り方一つ一つに愛情を感じます。なので、そこまで愛情を持って撮ってくれる監督さんっていないんじゃないかな。これからも頑張りますのでよろしくお願いします(笑)」と笑顔を見せた。

そして「今後、いろんな方に楽しんでもらえるものをたくさん作っていけたらいいなって思ってます。ふんわりしていてごめんなさい(笑)」と最後のあいさつでも会場を和ませた。

同じく、「ラストレター」「青くて痛くて脆い」「地獄少女」「最初の晩餐」に出演した森七菜にも「最優秀新進女優賞」が贈られた。

ステージに登場した森は「皆さんこんにちは、このたびは…、森七菜です(笑)。いっぱい考えてきたんですけど、いろんな言葉が先行してしまって」と、少し緊張している様子。

司会者から「経験豊富なキャストに囲まれてもアドリブを入れる余裕があるのがすごいと、『ラストレター』の監督・岩井俊二さんが驚いてらしたそうですが、アドリブについてはどう考えていますか」と聞かれると「アドリブ、最初にちょこっとだけやってみたら怒られなかったので、だったら自分から何か提案することができたらいいなと思って(笑)」と回答。

また、今後の抱負については「今年は皆さんに驚いてもらうことが多かった一年だと思っています。それはこの賞を頂いたこともそうですし、初めてドラマの主演、映画の主演もやらせていただいて、それで私を初めて知ってくださった方がいて。
『?(はてな)』って思う方もいらっしゃったと思うんです。『なんだこの小娘は! いきなり現れて』って。来年はその『?』を『!』に、『あ、なるほど! だから!』って思ってもらえるような一年にしたいと思います」と意気込みを伝えた。


◆取材・文・撮影=田中隆信