テレビ朝日の土曜夜の新たなドラマ枠「オシドラサタデー」最初の作品として、2021年1月期の放送が発表されている生田斗真主演の「書けないッ!? 〜脚本家 吉丸圭佑の筋書きのない生活〜」(毎週土曜夜11:30-0:00)。追加キャストとして、菊池風磨(Sexy Zone)、小野武彦、梅沢昌代、山田杏奈、潤浩(ユンホ)の出演が発表された。

同作は、細々と執筆を続けながら家事全般を担う脚本家兼主夫・吉丸圭佑(生田)に、突然ゴールデンタイムの連続ドラマの脚本執筆という大仕事が舞い込んできたことで巻き起こる騒動と、彼を応援し続けるベストセラー作家の妻・吉丸奈美(吉瀬美智子)らの家族の絆を描くマイホームコメディー。

菊池が演じるのは、 家族の一員と思ってしまうほどの存在感で連日吉丸家に現れる家庭教師・仙川俊也。吉丸家の息子・空の家庭教師を務める仙川は、吉丸家の長女・絵里花に好意を持っているが、“そこそこイケメン”なのに好きな女の子の前では浮足立って空回りしてしまうという役どころ。ほぼ毎日吉丸家に現れるため、“ほぼ家族”のような立ち位置で吉丸家の面々と関わることになる。

また、ベストセラー作家の娘が何よりの自慢で、定年退職して暇を持て余している奈美の父・篠田重幸役に小野、その妻・篠田芳恵役に梅沢が決定。

そして、「しっかり者で吉丸家を取り仕切っているのは子供たちなんです。それが本当にカワイイ!」(生田)、「“社長”とあだ名が付いているくらい子供たちが仕切っています(笑)。子供たちに励まされたり、ダメ出しされている感じです」(吉瀬)と、夫婦が早くもメロメロになっている娘・吉丸絵里花を山田、息子・吉丸空を潤浩が演じる。

■仙川俊也役・菊池風磨 コメント

――脚本を手掛ける福田靖さんご自身のことが投影されている本作ですが、台本を読んでどんな印象を持ちましたか? また、クランクインした感想もお聞かせください。

台本を読んだ時点で、テンポが良くてポンポンと進んでいく物語や会話劇がすごく心地良いなと感じました。実際に撮影が始まって、リハーサルや本番を重ねていく中で皆さんがセリフを口にすると、よりテンポ感が生きてくるんです。すごく勉強になることが多いし、演じていて純粋にすごく楽しいです。

先ほど福田さんともお話させていただき、福田さんと実際のアシスタントの方の関係性や、アシスタントの方がどのような感じでお仕事なさっているのか、ということを直接伺うことができたので、それを参考に、ここからさらにボルテージを上げていけたらいいなと思っています。

――アットホームな家族のシーンの撮影に参加していかがでしたか?

僕も家族のシーンに結構混ぜてもらっていて、わがもの面でリビングにいるんですけど(笑)、とにかくすごく楽しいですね! 皆さん本当に個性が強いんですけど、家族としてのまとまりもあり、僕なりのスパイスを加えていけたらいいな、という気持ちで演じさせていただいています。

――主演の生田斗真さんとは初共演と伺いました。一緒にお芝居をして感じた生田さんの印象を教えてください。

お芝居だけでなく、実際にお話させていただく機会もあまりなかったので、最初は緊張してドギマギしていました。でも、すごく気さくに話を振ってくれたり、いじってくれたり、“先輩”というより“お兄ちゃん”という感じで接してくださるので、すごくありがたいです。

現場でも本当に温かい方なんですよ! 生田さんが潤浩くんと“なぞなぞ”を出し合ったりしている姿を見て、僕はそういう“現場作り”も学ばせていただこうと思っています。