11月28日、29日に、東京・秋葉原のAKB48劇場で「2020 AKB48 新ユニット!新体感ライブCONNECT 祭り♪」3公演が開催された。

2019年12月8日に行われた「AKB48劇場14周年記念公演」がきっかけで、AKB48には8組のユニットが誕生。2020年2月の「2020 AKB48新ユニット!新体感ライブ祭り♪」で各お披露目公演が行われていたが、新型コロナウイルスの影響で3公演が延期に。今回の公演は、その3組の振り替え公演として開催されたもの。

■AKB48初のバンドユニット「Lacet」が登場

28日に公演を行った「Lacet(レセ)」は、行天優莉奈(ベース)、齋藤陽菜(ギター)、高橋彩音(キーボード)、高岡薫(バイオリン)、吉橋柚花(ドラム)、向井地美音(ボーカル/ギター)の6人から成る、AKB48初のバンドユニット。

「1994年の雷鳴」を皮切りに演奏をスタートすると、メンバー紹介を挟んで「After rain」「ヘビーローテーション」を披露。高橋はユニット名の由来について、「『Lacet』は、フランス語で“靴ひも”という意味なんですけど、私たちが初めて生演奏した『靴紐の結び方』や、バンドの“結束力”を靴ひもに例えてこの名前になりました」と明かした。

続いて、高橋がピアノでAKB48メドレー、高岡がバイオリンで「情熱大陸のテーマ」、齋藤がアコースティックギターで「初日」を弾き語り。さらに行天、吉橋、向井地、齋藤の4人で「青くさいロック」を披露した。

MCでは「歌詞当てクイズ」を行い、解答に悩む姿も見せたが、正解の曲がかかると「これだ!」と踊りだすメンバーたちを、ファンも拍手やペンライトで応援した。

本編ラストは、AKB48のバンド楽曲としておなじみの「GIVE ME FIVE!」を披露。アンコールでは、齋藤が「思ったよりあっという間にここまできました。充実感がとてもありました! 『Lacet』の魅力が伝わったと思います。また機会があったらパフォーマンスを見せたいです」とコメント。

向井地は「人生でガールズバンドを組むのが夢でした。それもAKB48でできたことが幸せでした。チームもバラバラな普段だったら集まらないこの6人で組めてうれしかったです。Lacetセカンドライブできるように頑張ります!」とあいさつ。バンド名の由来にもなった楽曲「靴紐の結び方」で『Lacet』公演の幕を閉じた。

■「SENSUALITY」は“セクシー&クールな女子ユニット”

29日の最初に公演を行ったのは、ファッション誌のモデルをつとめる加藤玲奈や、韓国での人気も高い宮崎美穂をはじめとした、込山榛香、篠崎彩奈、左伴彩佳、茂木忍の6人で結成された「SENSUALITY(センシュアリティ)」。

初お披露目となる今回は、「点滅フェロモン」「従順なslave」など大人な雰囲気の4曲を披露し、左伴が「私たちは大人メンバーで結成されたセクシー&クールな女子ユニットです! ユニット名には色気や官能という意味があります。私たちのパフォーマンスでセクシーさや大人っぽさを感じていただければと思います!」とあいさつ。

宮崎は「お昼から刺激的じゃないですか?」と笑いを誘うと、「本来であれば2月に開催予定だったライブから9カ月延期となり、今日を楽しみにしていました! チームの垣根を超えた、6人の公演を楽しんでください!」とコメント。茂木は「皆さんがマスクの中でにやけてしまうようなセクシーな公演にしたいです」と意気込みを語った。

続いて込山が「ジッパー」、左伴が「She's gone」を披露。加藤、篠崎、宮崎による「抱きしめられたら」などを挟み、茂木が「Hate」、宮崎が「Blue Rose」、篠崎が「わるなん」、加藤が「誕生日TANGO」をソロでパフォーマンス。ソロ曲はメンバーがそれぞれ歌いたい曲を選曲したということで、込山は「ずっとやってみたかった念願の『ジッパー』が歌えてうれしいです!」と楽曲への思いを語り、宮崎は「何年もやっていますが、いまだにソロは緊張します」と感想を話した。

続いて6人全員で「Teacher Teacher」「飛べないアゲハチョウ」「HA!」などの楽曲を「SENSUALITY」らしい情熱的なパフォーマンスで披露し、「Party is over」で本編は終了。

アンコールは「ロマンス拳銃」「ウインクの銃弾」とアップテンポな2曲で盛り上げると、加藤が「またぜひ『SENSUALITY』でステージに立ちたいです! 本日はありがとうございました!」とあいさつ。最後は「Mosh&Dive」で劇場内を湧かせ、公演のラストを飾った。

■柏木由紀「eスポーツユニットとして活動したいです」

最後に公演を行ったのは、大森美優、柏木由紀、佐々木優佳里、馬嘉伶、武藤十夢、吉川七瀬の6人で構成された、ゲーム好きなメンバーによるユニット「GRATS」。

「ミュージックジャンキー」「Show fight!」など4曲続けて披露し、武藤がユニット名の「GRATS」は“Congratulations(おめでとう)”が由来となった、相手を祝福する意味のゲーム用語から命名されたことを明かした。

馬嘉伶が「9カ月お待たせしました。早く皆さんに会いたいなと思ってました」とコメントすると、柏木は「個人的にはファンの皆さんの前でのライブが8カ月ぶりなのでめちゃくちゃ緊張してるんですけど、皆さんと楽しい思い出を作っていきたいと思います」と意気込みを語り、26歳の誕生日を迎えたばかりの武藤は「みんなで教え合いながらいろいろな曲を練習しました。本当は思いっ切りコールしてほしいセットリストなので、今日は思いっきりペンライトやうちわなどで応援してください!」とあいさつした。

その後、柏木、佐々木、馬嘉伶が「初めてのジェリービーンズ」と「混ざり合うもの」の2曲、武藤、吉川、大森が「ずっと前から」「思春期のアドレナリン」の2曲をパフォーマンス。

23日に開催された「AKB48 e運動会」にも触れ、柏木は「eスポーツユニットとして活動したいです。次のゲームのイベントがあれば活躍したい!」と、今後の「GRATS」の活動を切望。すると、柏木、佐々木、馬嘉伶のチーム(柏木チーム)と、武藤、吉川、大森チーム(武藤チーム)に分かれて、ダンスバトルゲーム機「pop'n music peace」で対戦。大森、吉川が連勝し武藤チームが優勢となったが、柏木と武藤の最終対決では、二人とも終始真顔で真剣勝負。柏木が見事勝利し、柏木チームが大逆転を果たした。

アンコールでは、「ハイテンション」「47の素敵な街へ」で全力のパフォーマンスを見せ、劇場内のボルテージも最高潮に。柏木が「ゲームもいっぱいやって、皆さんの前で公演ができてよかったです」と感想を語り、最後は「君のことが好きだから」を披露。

そして、武藤が「他のユニットに負けないように精いっぱい頑張りますので、これからも『GRATS』をよろしくお願いします!」とあいさつし、2日間にわたった「2020 AKB48新ユニット!新体感ライブCONNECT 祭り♪」を締めくくった。