コレサワが、11月25日に配信リリースした新曲「あたしが死んでも」の、先行のティザー映像公開時に女優の松井愛莉が出演することをすでに発表していた、ミュージックビデオのフルバージョンがYouTubeにて公開された。

ミュージックビデオの監督は松永つぐみが初めて担当し、松井演じる主人公が、うすぐらい部屋から曲の盛り上がりとともに開けた世界へ歩みだしていく様子が描かれている。その美しい映像と演出によって、楽曲でも歌われている女性のせん細な心情が表現されている。

そのコレサワと松井より、それぞれコメントが届いている。

コレサワは、約1年振りの有観客ワンマンライブ「コレサワ ONE MAN LIVE 2020 冬に会えたら」を、東京・昭和女子大学人見記念講堂にて12月5日(土)に開催し、通常の会場での観覧と同時に、有料での生配信も行う予定だ。

■コレサワコメント
松永監督が、とっっってもすてきに撮ってくださいました!

超がつくほどの雨女の私にとって、外での撮影は1ヶ月前からプレッシャーでしたが、信じられないくらい晴れました。この青空みたいに、大切な人への想いがだんだん大きく、そして澄んでいく物語になっています。

松井愛莉ちゃんにも出演していただき、大好きな映像が完成したので、ぜひご覧ください!

■松井愛莉コメント
幻想的な美しい世界観で撮影ができて、とても楽しかったです。

コレサワさんの声、そして歌詞と映像と、とてもすてきに仕上がっているので、ぜひたくさん楽しんでもらえたら、うれしいです!