12月1日深夜に放送された「あちこちオードリー 〜春日の店あいてますよ?〜」(テレビ東京)に、アイドルグループ・日向坂46の加藤史帆、佐々木美玲、富田鈴花、渡邉美穂がゲスト出演。オードリーとのトークに、おひさま(※日向坂46ファンの総称)の注目が集まった。

「来ちゃいましたぁ〜」と加藤史帆を先頭に登場した4人。日向坂46の中でもおしゃべり好きの4人として紹介されるが、若林正恭は「すげぇ俺たちの番組くるよね?ついに『あちこちオードリー』まで…」と、最近バラエティー番組での共演が増えている現状を喜んだ(?)。

現在、日向坂46の冠番組「日向坂で会いましょう」(テレビ東京)で共演中のオードリーと日向坂46。前身の「ひらがな推し」からおよそ2年半収録を共にしてきた。


■上辺だけの関係?

若林は「楽しいの?『日向坂で会いましょう』は?」と確認してみた。4人が声をそろえて「楽しいです!」と返答する中、佐々木美玲は「え、楽しくないんですか?」と逆質問した。

「急に鋭角な角度からくるなよ」と苦笑いの若林だが「俺たちは日向坂46からすごいいろいろ学んでいる」としみじみ。

「人間に対する感覚が変わったのが、(カメラが)回ってない間、しゃべってほしいの?それが信じらんない。それを日向坂46から学んだもん」と若林は自身の変化を明かした。

すると渡邉美穂は「最初は上辺だけの関係でやっていこうみたいな感じだったんですか?」と問い詰めた。

若林は「俺は正直そうだよ。ガッツリは難しいと思っていた。俺らもほかのアイドル番組やってたけど、話題がないし、共通の。でも面白く見せたいし、仕事としては。でも上辺だけにはなると思ってんの」と、当初を振り返った。


■若様にハマりたい

「上辺だけだと思っていたということは、今は、上辺だけじゃないって思っているということですか?うれしい〜」と、若林にハマりたい加藤史帆は喜びを爆発させた。

ハートポーズを送る加藤史帆の横で、佐々木美玲も「ラブ〜」と笑顔をのぞかせていた。

視聴者からは「日向坂×オードリーのタッグは最高」「面白いぞ今日のあちこちオードリー」「これは火曜日の日向坂で会いましょう」「ほぼひなあい」「至福の時間」「神回来ちゃいました」「完全版とか配信してくれないかしら」など、数多くのメッセージが寄せられていた。

次回の「あちこちオードリー 〜春日の店あいてますよ?〜」は、12月8日(火)深夜放送。引き続き日向坂46の4人が出演する予定。なお「あちこちオードリー」はTVerでも配信中。