2021年1月スタートとなる、竹内涼真主演ドラマ「君と世界が終わる日に」(毎週日曜夜10:30放送予定、日本テレビ系)のティザービジュアルが解禁。番組公式HPやSNSにて公開されているほか、物語の舞台である神奈川県・三浦市、横須賀市にほど近い、鎌倉方面を走る江ノ島電鉄にて本日から掲出されている。

公開されたティザービジュアルには、「緊急速報をお伝えします」という物々しいコピーと塗りつぶされたニュース原稿、燃える街並みに、かろうじて読める部分をつなげると番組タイトル「君と世界が終わる日に」のほかに「凶暴化は止められない」「政府を信じるな」の文字が。番組タイトルにもある“世界の終わり”を感じさせるような、不穏な空気漂うビジュアルとなっている。

本作は、日本テレビとHuluの共同製作によるサバイバルラブストーリー。主人公・間宮響(竹内)が死と隣り合わせの世界を生き抜いていく姿を描く。

恋人・来美(中条あやみ)へのプロポーズ直前、トンネル崩落事故によって閉じ込められた響が命からがら脱出すると、そこに広がっていたのは“終末世界”。街に人の姿はなく、来美も失踪。響は来美が生きていると信じ、未知の脅威が潜む“終末世界”での生き残りを誓う。