12月5日(土)より、WOWOWプライムにてスタートする「連続ドラマW コールドケース3〜真実の扉〜」。このほど、シーズン3の第1話と第2話の見どころをまとめた映像が公開された。前後編にて描かれるこのエピソードでは、9年前の男児殺害事件に端を発した連続殺人事件が発生。無実を訴えながら自分の息子を殺害した罪で服役していた日向秀樹(江口洋介)は、息子を殺した真犯人を捜し出すため百合(吉田羊)ら神奈川県警捜査一課の面々に次なる犯行を予告していく。


アメリカで7シーズンにわたり放送され、世界的な人気を博したドラマ「コールドケース」の日本版第3弾となる本作。神奈川県警捜査一課の刑事・石川百合(吉田羊)が、仲間と共に未解決事件の真相を解明していく姿を描く。また、これまであまり掘り下げられることのなかった高木(永山絢斗)、立川(滝藤賢一)ら捜査一課メンバーの過去や内面にも迫っていく。

今回公開されたのは、第1話と第2話の見どころ映像。小児性犯罪の前科者がビルから突き落とされるという事件が発生し、百合らは現場に急行。すると、遺体の衣服に残された携帯電話に、9年前自分の息子を殺害した罪で逮捕され、服役を終えたばかりの日向秀樹(江口洋介)から着信が入る。

秀樹は自らの冤罪を訴え、「息子を殺した犯人を捜し続ける」とさらなる殺害を予告。殺された秀樹の息子・大樹は、臓器移植法改正後、心臓移植で命を救われた奇跡の子として世間で注目された子どもだった。秀樹の言葉により、百合たちは9年前の事件を再び調べ直すことになり…。

映像では、“奇跡の子”として世間で注目された最愛の息子を殺した犯人として逮捕され、自らの無実を訴え復讐に燃える秀樹役の江口の他、秀樹の妻・桜役の戸田菜穂、秀樹の息子・大樹に心臓を臓器提供し、ドナーとなった諸星光の父・要司役の緒形直人、捜査線上に浮かび上がる牛久明良役の井之脇海など、豪華なゲスト陣のシーンも。彼らの熱演にも注目だ。


■WOWOWに加入するなら今! 吉田羊らが未加入者を追い込むミニドラマも

また、放送を目前に控える中、神奈川県警捜査一課メンバーが“WOWOWに入っていない被疑者”を追うミニドラマ映像も公開中。「捜査一課編」「取調室編」と題された2本の映像では、被疑者を前に百合と高木が詰め寄るシーンなど、ある意味本編以上の熱演を見せる場面も。

本編同様シリアスなトーンに見せながらも、「WOWOWに加入しない」という“重罪”を犯した犯人に対して憤りを口にする彼らの姿は思わず笑ってしまうこと必至。本編を前に、こちらもしっかりとチェックしておこう。