池田エライザが原案・監督を務めた映画「夏、至るころ」の公開記念舞台あいさつが12月4日に東京都内の劇場で行われ、池田と出演者の倉悠貴、リリー・フランキー、原日出子が登壇した。

同作品は池田の初監督作品で、夢を持つことすら難しい現代の若者の言葉にならない不安や葛藤、生きる力をリアルに描き出した新たな青春映画。緑あふれる故郷の山々に抱かれながら、友情を育んできた男子高校生の翔(倉)と泰我(石内呂依)が、夏祭りを前に初めて自分の人生と向き合い、それぞれの一歩を選びとる姿を描く。

舞台あいさつでは、池田が「こうして久方ぶりに皆さまにお会いできたことに感無量というか、不思議な感覚。2年前から動き始めたこの映画を、やっとお届けできる日が来て、感無量です。少しでも皆さまが穏やかな気持ちになればという思いを込めて作りました」とあいさつし喜びを噛みしめていた。

一方、リリー・フランキーは監督としての池田について「22歳の年齢の人が監督をされたとは思えない、すごく安定感のあるかっちりとした的確さがある」と絶賛し、「70歳くらいのベテランのじいさんが撮ったみたいな」と笑いを誘った。さらに、「ひと言ひと言、エピソードとかに、ふだん池田監督が持ってるメッセージがちりばめられている。懐かしいような現代的なような」と告白。

また、原も「現場の監督を見ていて『間違いないな』と感じましたね。若い方だと、どこかわからなくなって頭を抱えてしまうのがあるんですけど、彼女は一切なくて俳優がやりやすい現場でしたね。無駄な画がないし、スムーズな現場でびっくりしちゃって! 本当に優秀な映画監督でした」と褒め称えた。

そんな中、倉が「あるシーンでなかなか感情がうまく入らないシーンがあった時に、(池田が)すごく寄り添ってくれました。そこで『池田監督も翔なんだ』と気付いて、すっと感情が入ってお芝居できたんです」と振り返ると、池田が「涙するシーンがあって、(倉は)涙することはできるんだけど、辻褄が合わなかったんだよね。現場の空気感も緊張感も不慣れなところもあったし、若いなりの感情の整理のつかなさで、どっちの感情をとるのかで迷ってるのかなというシーンがあったので、1回撮影を止めて」と回顧。

そして、「ちょっと厳しくしちゃったりもしたけど、あくまで役に対して『何が悔しかったんだい?』とか『何が嫌だったの?』『 何て言われたの?』ということを話し掛け続けて、すごく魅力的な画が撮れたということはありました」と自身の演出を明かした。

最後に、池田は「未来に不安の募る昨今の日々ですが、この映画をご覧になって、ぜひ自分を大切にする時間をとってみてほしいなと思います。若い役者たちのみずみずしいお芝居と、熱い和太鼓の音色を楽しんでいってください」とアピールし、イベントを締めくくった。