12月11日(金)の夜7時25分から、テレビ東京系では「大漁JAPAN〜地引網で海の底のウマい魚、全部獲って食う!〜」の第3弾が放送。芸能人がリポーターとして日本各地に飛び出し、日本が誇る伝統漁法「地引網」を地元住民と引き揚げて、海の底に眠る珍魚やうまい魚を食す。MCを小峠英二(バイきんぐ)と高橋真麻が務め、ゲストとして河北麻友子が出演する。

神奈川・相模湾を訪れたリポーターの西村瑞樹(バイきんぐ)は、“メガネっ娘深海魚ハンター”こと小菅絢香さんとその二人の妹たち“キャラの濃い小菅一家”の3姉妹と、釣り竿1本で水深1000m地点の深海に潜む希少なモンスター深海魚を狙う。

一方、サンシャイン池崎は福島・糸島(玄界灘)へ。この地の地引網には、地元の和太鼓集団や綱引き集団、九州の強豪相撲部などの個性的な面々が集結。さらに、助っ人として赤鬼に扮した神取忍率いるレジェンド女子プロレスラー軍団(井上京子、井上貴子)も駆けつけ大漁を目指す。

そして、中岡創一(ロッチ)は前回出演時に直訴した茨城県の地引網ロケに。強烈キャラの親方と共に、普通の漁師なら船を出すのもとまどうほど荒れ狂う鹿島灘へ出る。しかし、まさかのトラブルが発生する中、相方のコカドケンタロウと大仁田厚が登場する。

そのほか、とにかく明るい安村が静岡・駿河湾、スギちゃんが石川・能登半島で漁を行う。

■小峠英二、高橋真麻、河北麻友子 収録後コメント

――収録を終えての感想、見どころをお聞かせください。

小峠英二:魚うんぬんよりも“ヒューマン”ですね。大量の魚に、いろんな漁法やいろんな料理がありましたけど、それを上回る人間ドラマというか…。魚を取るだけの番組とは少し違ったスパイスがありましたね。

高橋真麻:確かに、真剣にやっているからこそドキュメンタリーチックなところが出てくるのかなと思いました。

小峠:そうそう。あと、あんまりないですからね。こういう番組で(漁師の)家系図が出ることなんか。見たことないでしょ? やっぱりヒューマンなのよこの番組は。

河北麻友子:笑いあり涙あり…。ハンカチを用意して見ていただきたいなと思いますよね。いろんなドラマがありましたので、ぜひ期待していただきたいですね。

小峠:いや、涙はなかったでしょ(笑)。

――前回よりパワーアップしたところはありましたか?

小峠:僕はインサートの映像がちょっと引っ掛かってて…。いつも(取れた魚を)暗がりの水槽で撮ってたのに、最初に見たやつではやってなかったんですよ。最初は船の上で音だけ付けて終わらせてたのに、残りの映像では全部暗がりの水槽でインサートを撮ってたんですよ。じゃあ、あの一発目のはなんだったんだろうと(笑)。その疑問は残ってるんですよね。あそこに関しては“パワーダウン”じゃないですかね? 明らかにスタッフさんが面倒くさがって手を抜いてますから(笑)。あれが不可解ですよね。もし総合演出だったら「何で1本目だけ普通に撮ってんの?」って引っ掛かるよね(笑)。

高橋&河北:(笑)。

河北:今回はとにかく本当に、番組名の通り“大漁”がすごかったですよね。今まで見た漁以上にすごかった。そこにぜひ注目していただきたいです。

高橋:新しいお魚ですとか、希少な生物も取れていたりしますからね。楽しんでいただきたいですよね。

小峠:中岡さんのやつなんか、あれマジで“ミラクル”と言っても過言ではないですからね。

河北:あれは新しい“ミラクル”ですね(笑)。新しい奇跡が生まれてました。

高橋:歴史的なロケだったと思います(笑)。

小峠:テレビ史上、歴史に名を刻んだロケだよね。あれは大したもんですよ。

――もし第4弾があったら期待したいことはありますか?

小峠:やっぱり“大物”が見たいよね。今回も取れていましたけど、狙えてない魚があるので。それはぜひ見てみたいなと思いますね。

河北:私はやっぱり中岡さんにもう1回チャレンジしてほしい。今回中岡さんはいろいろあったので(笑)。いろんな意味で再チャレンジを見たいなって思います。

小峠:サメに食われるところとか見たいよね。船から落ちて。サメに食われて。

高橋:それは事件なのでダメです(笑)。

河北:中岡さんだけサバイバルなんですよね(笑)。

小峠:そうそう(笑)。あの人だけこの番組でのテイストが違うのよ。

河北:でも、中岡さんは自分で(ロケに)行きたいって言いましたから。それは仕方ないと思います。

小峠:そうそうそうそう。

高橋:それぞれの漁、それぞれの地引網でドラマがありますので、ぜひお楽しみいただきたいですよね。