振り切れたストーリーとシャレのきいた演出で話題を集める木曜劇場「ルパンの娘」(フジテレビ系)のSPエピソード「ルパンの娘〜愛の物語〜」が、12月10日に放送された。円城寺輝(えんじょうじ・あきら=大貫勇輔)の秘めた思いがつづられた特別編に、輝の父・豪役でミュージカル界にも名を馳せる市村正親も登場。圧巻のダンスや歌唱シーンも繰り広げられ、Twitterでは「#ルパンの娘」「円城寺さん」がトレンド入りする盛り上がりを見せた。(以下、ネタバレがあります)

■円城寺輝の切ない思いが明らかに…

「ルパンの娘」は、2019年に放送された同名ドラマの続編。代々泥棒一家“Lの一族”の娘・三雲華(深田恭子)と、代々警察一家の息子・桜庭和馬(瀬戸康史)との決して許されない恋愛を描いたラブコメディー。今作では2人の間に娘・杏(小畑乃々)も誕生。Lの一族を追い続ける探偵一家の娘・北条美雲(橋本環奈)もドラマを盛り上げた。

SPエピソードは、輝から華たち夫婦へのある頼みごとから始まった。輝と華の結婚を切望している豪のため、1日だけ華にフィアンセとしてふるまってほしいという。瞬く間に事態は複雑化し、華たち三雲家と輝・豪の円城寺家が一つのお宝を狙う対決が行われることになった。

途中、華を思い続けてきた輝の切ない胸の内も点描で描かれた。

華が和馬を愛していると知りながらも「僕じゃダメかい?僕じゃダメなのか?」と後ろから抱きしめ、「彼を思い続ける華ごと、受け止めるよ。華、ついてきてくれないかい?」と、一度はプロポーズした輝。だが、華と和馬の絆の強さを知り「幸せになるんだよ…華」と2人を祝福。身を引いたのだった。

しかし、三雲家との対決を前に、断ち切ったはずの華への思いを抑えきれなくなった輝。「和馬くんから、華を奪ってみせる」と宣言し、対決に挑んだ。

■“円城寺回”に絶賛の声「歌は楽しい!!それに尽きる」

輝は、華麗な舞で人感センサーも軽々突破。だがお宝まであと一歩のところでわざとトラップにかかり「僕の負けだ」と華に微笑みかけた。「華のことが好きだからさ。僕にはできないよ、華を悲しませるなんて」。大泥棒でも心は清い…そんな輝の魅力がさく裂する1時間となった。

クライマックスは輝と豪が「歌は楽しいな」と歌い踊るミュージカルシーン。

輝役の大貫は、ミュージカル「ロミオ&ジュリエット」「キャバレー」「メリー・ポピンズ」などで活躍するミュージカル俳優。美しい歌声に加え、「ビリー・エリオット〜リトル・ダンサー〜」(2017・2020年)では、主人公の少年・ビリーを導く“オールダービリー(大人になったビリー)”役で美しいバレエシーンも演じる。

そして輝の父・豪を演じる市村は、劇団四季出身でミュージカル界のビッグスター。ミュージカル「屋根の上のバイオリン弾き」主演・テヴィエ、「モーツァルト!」のレオポルト、「ミス・サイゴン」のエンジニア役など代表作も多く、テレビドラマでも活躍する。

そんな2人の競演は見ごたえ十分。話題を呼んだ「ルパンの娘」の中でも特にエンターテインメント性の高い仕上がりとなったSPエピソードに、視聴者からは「待ってました!!円城寺回!」「円城寺さんがフィーバーしてた(笑)」「円城寺さんの切ない気持ちにキュン…」など輝の魅力を再発見するファンが続出。

「今回のミュージカルシーンはただただ素晴らしかった!」「円城寺さんも、円城寺パパも実力がすごい!!楽しめました!!」「歌は楽しい!!それに尽きる」といった喝采の声も多数上がり、Twitterでは「#ルパンの娘」がトレンドトップ2圏内に、「円城寺さん」もトップ10入りする大反響となった。

まだ“三雲玲”なる人物の正体が不明のまま。さらに、SPエピソードのエンディングでは「華が盗まれた子どもだった」という意味深すぎるセリフも…。残された謎は、2021年公開の映画へと持ち越されるようだ。

「ルパンの娘」2020年版は“SPエピソード”がTVerにて配信中のほか、FODでは全エピソードを見ることができる。