12月11日に最終話を迎えた「炎炎ノ消防隊 弐ノ章」(TBSほか)の特別番組として、同作の世界観を科学の側面から調査・再現する「第8科学調査隊」の放送が決定。前編(12月18日[金]夜2:05-2:35ほか、TBSほか)と後編(12月25日[金]夜1:35-2:05ほか、TBSほか)の2部構成としてオンエアされる。

「炎炎ノ消防隊」は、2008年にアニメ化された「ソウルイーター」などの作品で知られる漫画家・大久保篤が「週刊少年マガジン」(講談社)で連載するダークバトルファンタジー。

第8特殊消防隊の新人隊員・森羅日下部(CV:梶原岳人)を主人公に、謎の人体発火現象から生まれる炎の怪物“焔(ほむら)ビト”と、その脅威に立ち向かう特殊消防隊たちの姿を描く。

■「炎炎ノ消防隊」の世界観を再現!

そして放送が決まった「第8科学調査隊」は、「炎炎ノ消防隊」の世界観を科学の側面から調査・再現。

ケンドーコバヤシ、パンサー・向井慧、パンサー・菅良太郎、乃木坂46・伊藤理々杏が「第8科学調査隊」として集結し、解説として東京工業大学の山崎詩郎先生が出演する。


また、元消防官であるワタリ119も登場。サイエンスアーティストの市岡元気先生などを訪ねて実地調査を行い、科学の側面から見た「炎炎ノ消防隊」を楽しむことができる。