12月18日(金)に映画『私をくいとめて』が劇場公開される。のん、林遣都、橋本愛が共演することでも話題の本作は、「第33回東京国際映画祭」でTOKYOプレミア2020部門観客賞を受賞。劇場公開前から注目を集めている。そんな本作の主演を務めるのんに、作品の見どころや撮影現場の裏話を聞いた。

■「独り善がりにならないように、見ている方がついていける表現にしなければいけない」
映画『私をくいとめて』は、脳内に相談役「A」が爆誕し、おひとりさまライフが板についた黒田みつ子(のん)が、ある日、年下の営業マン・多田くん(林遣都)に恋をしてしまう崖っぷちロマンス。原作は綿矢りさ、監督&脚本を大九明子が担当という映画『勝手にふるえてろ』タッグが再び組まれたことでも、注目されている。

「出演が決まってから原作を読ませていただいたのですが、とても面白くて、あっという間に読んでしまいました。感情描写がすごく繊細で、みつ子の嫌なところや弱いところ、チャーミングなところも含めて全部隠さずに描かれているので、自分のダメなところも肯定できるというか。みつ子に感情移入しているうちに自分の鬱憤が解消されていく感覚があって、映画もそういう実感のある作品になったらいいなと思いました」と、のん。

彼女が語るように、原作での繊細な感情描写は映画でも実写化されており、本作ではみつ子が感情を爆発させるシーンが多々ある。演じるうえで難しかったのではと問うと「感情を爆発させるシーンは、案配に気を付けなきゃと思いながら演じていました。普通以上に怒りが増幅してしまっているシーンが結構あるので、それが独り善がりにならないように、見ている方がついていける表現にしなければいけないと思っていて。観客の皆さんが共感できる部分に擦り合わせて演じました」と話す。

■「愛ちゃんと会ったときは目も合わせられないくらいドキドキした」
みつ子が恋する多田くんを演じた、林遣都との撮影現場での話を聞いてみると「役では私が年上なので、先輩の林さんに年上らしくしなきゃいけないことにとても緊張していて。商店街のシーンで初めてご一緒したのですが、待ち時間に公園にあるバネで動く遊具で一緒に遊んだりしながら、頑張って心を通わせました(笑)」と、ステキな裏エピソードを教えてくれた。

また、みつ子の親友・皐月を演じたのは橋本愛。以前も親友を演じたことのある2人だが「数年ぶりに共演させていただいたのですが、この映画の現場で初めて会ったときはドキドキしちゃって(笑)。会う前はすごくうれしくてウキウキしていたのですが、実際に会うと目も合わせられないくらい緊張して…」と、のん。だが「愛ちゃんのほうから(本読みをしようと話し掛けて)来てくれたおかげで緊張もほぐれて、みつ子と皐月として心を通わせていった感覚がありました」と笑顔がこぼれた。

声だけの出演となる脳内相談役「A」(注目のあの人が務める!)と、のん演じるみつ子のやりとりにも注目の映画『私をくいとめて』を、ぜひ劇場で楽しんでほしい。