“お笑い第7世代”と呼ばれるぺこぱ、フワちゃん、四千頭身、宮下草薙の8人と、現役高校生が対決する「スクール八笑士」が12月23日(水)夜8時15分からNHK総合で放送。進行をNHK初出演の青木源太、ナレーションを本田望結が務める。

コロナ禍でさまざまなイベントが中止になり、青春を失っている高校生たち。そんな高校生たちの青春づくりの手伝いをする同番組。「青春のパワーを思い切りぶつけてこい!」と意気込む“八笑士”に、高校生たちが“縄跳びダンス”にオリジナルの振りを付けたダンス対決や、巨大書道パフォーマンス対決といった各部活が考案したユニークな対決で挑む。

収録を終え四千頭身は、「スクール八笑士についになることができました。この日を夢見てお笑いやっていたので絶対見てください。爆笑の渦でしょう」(後藤拓実)、「学生に青春と思い出と想い出と、重い出を。とにかく、最高純粋青春バラエティーですので見てください。回してます」(都築拓紀)、「われわれ若手芸人よりさらに若い学生たちと真剣勝負を繰り広げております。青春を思い出したい皆さまにも、青春真っただ中の皆さまにもぜひ見ていただきたいです。そして都築がぶん回してます」(石橋遼大)と、見どころを語った。