12月16日放送の「水曜日のダウンタウン」(毎週水曜夜10:00-10:57、TBS系)で、東ブクロ(さらば青春の光)のドッキリ企画を放送。その顛末がSNSで話題となり、一時はトレンド入りするなどの盛り上がりを見せた。

この日の放送では「東ブクロ、先輩芸人の嫁から色仕掛けくらってもさすがにもう乗ってこない説」を検証した。

東ブクロは7年前に先輩芸人の妻との不倫騒動を起こした過去の持ち主。
今回の検証では、グラビアアイドルの青科まきが“独身のフリをしてきたが実は先輩芸人の妻”という設定で近づき、東ブクロにハニートラップを仕掛けた。

青科のことを独身だと思っている東ブクロは、連絡を取り合って徐々に距離を詰め、ついには2人きりでお酒を飲むことに。

飲みに行く前には「遊びに行ったらそういうことなっちゃうで」ときわどい発言もしていた東ブクロは、飲食店の個室で青科に猛アプローチをかけていく。

だが、青科が“独身のフリをしてきたが実は先輩芸人の妻”だと告げると、東ブクロは「どういうこと?どういうこと?」と連呼してパニックに陥ってしまう。


その後、状況を整理して落ち着きを取り戻し、「バレんかったらええやんとかではないのよ」と口にする東ブクロ。

7年前の騒動にも触れて「また迷惑かけるわけにもいかん」と相方の森田哲矢やマネジャーへの思いも打ち明け、青科に対して一線を引いてみせる。

最後には、青科が「私か森田さんか、どっち取りますか?」と詰め寄ったが、東ブクロは「それは森田や」と言い切った。

検証VTRの後、さらば青春の光がスタジオに登場すると、松本人志は苦笑いしながら「ドキドキしたぞ!」と2人に声をかける。

東ブクロと青科の飲み会の様子をリアルタイムで見ていた森田は「ホントにドキドキしたんすよ!」と大声を上げつつも、東ブクロの振る舞いに安堵(あんど)した表情も浮かべていた。

今回の検証は放送前から注目を集めており、SNSには番組のファンなどから「エグいけどおもしろそう」といった声が寄せられていた。

放送終了後も視聴者によるSNS投稿は盛り上がりを見せ、「水曜日のダウンタウン」や「東ブクロ」などの関連ワードが一時はトレンド入り。

視聴者からは「よく耐えた!」「ハニートラップを断わるのがエラいんじゃなくて断わって当たり前」「こういう場面で一線を引けない人は山ほどいる」「東ブクロさん、ちゃんと改心してる」などのコメントが寄せられていた。

次回の「水曜日のダウンタウン」は12月23日(水)放送予定。