広瀬すずが主演を務めるスペシャルドラマ「エアガール」(2021年春放送、テレビ朝日系)。広瀬演じるヒロイン・佐野小鞠(さの・こまり)と淡い恋を繰り広げるパイロット志望の青年・三島優輝(みしま・ゆうき)役として、坂口健太郎の出演が決定した。坂口はこれが初めてのパイロット役となる。数々のドラマや映画で存在感を放ってきた坂口が、夢の実現に向けて静かなる闘志を燃やす三島というキャラクターを、爽やかかつ力強く体現する。

「エアガール」は、“空”への憧れを胸に、どこまでもひたむきに激動の昭和を駆け抜けた、戦後初のCAの姿を描くスペシャルドラマ。史実をベースに、当時の“最先端のお仕事”であるエアガールとして奮闘した一人の女性の青春をみずみずしく描写する。

また、日本人が日本の空を飛ぶことが許されていなかった戦後、日本人の手で航空事業を立ち上げるという壮大なミッションに挑んだ男たちの熱き戦いも描き出される。

坂口が演じる三島は、パイロットになるという夢を抱きながら、戦後初の日本の航空会社設立に奔走する青年。広瀬演じる主人公・小鞠にエアガールという仕事を教え、彼女を“空”の世界へといざなう、とても重要な役どころだ。

■坂口健太郎 コメント

――最初に脚本を読んだときの感想を教えてください。

これまで仕事に行くときなど当たり前のように飛行機に乗っていましたが、当たり前だからこそ航空会社の生い立ちをよく知らなかったな、と気付かされました。

日本の空を取り戻そうと闘う人たちにも、対立する人たちにもそれぞれの正義があって、お互いにそれを追求していた時代…。

僕が演じる三島も日本の航空会社の設立に尽力するカッコいい男ですし、広瀬すずさん演じる主人公・小鞠も、その生き様がとてもりりしい。そんな作品の中に入ることをめちゃくちゃ楽しみにしていました。

――パイロット役は初とのことですが、三島優輝を演じるに当たり、心掛けていることは?

僕はこの作品から“時代のエネルギー”をすごく感じたんです。戦後、さまざまなものが不足する中で、日本初の航空会社設立という夢を追う人たちのあふれ出るエネルギーみたいなものを、僕なりの解釈で三島という人物に落とし込めたらいいなと思いました。

あと監督からアドバイスされたのは、戦争中、海軍に属していた三島は常に自分を律している、ということ。その内面が姿勢や顔つきに表れるとアドバイスされたので、そこは気を付けながら演じました。

――広瀬さんとがっつりお芝居するのは初めてとのことですが、広瀬さんの印象は?

広瀬さんはよく笑われる方ですね。大変なシーンや張り詰めたシーンなどがあってもカットがかかるとニコニコされているし、風通しがいいというか、現場全体にいい風を運ぶ女優さんだなって思いました。

――ちなみに、飛行機は好きですか?

飛行機はちょっと特別感があって好きです。窓から眺める空って同じ光景なのに飽きないんですよね。それは飛行機に乗っていないと味わえない感覚なので…。断然、窓側の席が好きです(笑)。

――広瀬さん演じるヒロイン・小鞠との淡い恋模様を、どんな気持ちで演じられましたか?

2人の間に恋を感じる場面もあるのですが、彼女はエアガールとして、僕は日本の航空会社設立に奮闘する一員として、同志みたいなところもあって…。この時代背景の中、素直に思いを告げられない2人のシーンは演じていて、とても美しい瞬間だと思いました。

――視聴者へメッセージをお願いいたします!

今、自分たちが当たり前に使っている飛行機の礎を築いた方たちのことを、僕もこの作品と出会ってあらためて知りました。日本の空を取り戻すために奮闘していた人たちの思いや生き様を、少しでも感じていただけたらと思います。

■広瀬すず コメント

――本作で本格共演を果たした坂口健太郎さんの印象は?

「爽やか〜!」というのが第一印象でした(笑)。坂口さんは見た目、ものすごく爽やかなんですけど、お話ししてみたら…とっても面白い方ですね!

――坂口健太郎さん演じる三島との淡い恋模様を、どんな思いで演じられましたか?

2人の恋愛感情が動く瞬間を、監督が「ここはラブシーンの“ような”シーンだから」とおっしゃっていたのですが、そのニュアンスがとても絶妙だなと思いました。

私自身も最初は「“ような”ってどういうこと?」と思っていたのですが、憧れなのか、恋なのか、その狭間での小鞠の心の揺れがとても繊細で、もしかしたら彼女自身もハッキリ恋心に気付いていないかもしれない…。

だからシーンによって、ここは三島さんを意識しないでいようとか、ここは意識しているな、と演じわけました。