12月20日に放送された「おしゃれイズム」(日本テレビ系)に東山紀之が登場。少年隊のメンバーである錦織一清と植草克秀の2人が12月31日にジャニーズ事務所を退所することをうけ、東山本人の口から少年隊の今後に言及する一幕があった。

MCの上田晋也が「錦織さんと植草さんが退所なさるというニュースが」と切り出すと、東山は「年齢的なものもあるし、それぞれの道を見つけたんで、それはそれで良いんじゃないかとも思いますよ」とコメントする。

また、東山は「それぞれが決めていたみたいです。僕は事務所に残って、やっていくっていうのが基本ラインだったので。2人はやっぱり演出家を目指していたりとか、別の形の俳優という形を目指していたんで、それも理解できる」と2人の決断に対して理解を示していた。

少年隊という名前が残ることに関しては「事務所の人が気を遣ってくれたんで、永久欠番みたいな感じで残してくれた」と語り、上田から「今後、再結成してコンサートとか」と振られると、「いつかみんなが元気でいれば。誰も死ななかったら」と返答、「みなさん喜んでくれるなら、そういう瞬間もあるでしょうね」と東山は語っていた。

この東山のコメントを受け、SNS上では「ヒガシの口から聴けたことが嬉しい!」「再結成の可能性を否定しないでくれてありがとう」などの声が上がっていた。