Snow Manの岩本照が、12月22日に放送された「もしも!AI動画ランド」(TBS系)に出演。AIドローンとの勝負で驚異の身体能力を披露し話題だ。(以下ネタバレを含みます)

■屈指の運動神経でAIドローンに挑んだ岩本照
同番組は最新のAI技術を使い、見たことのない「オモシロ動画」や、現実では叶えられない「奇跡の動画」といった「もしも動画」を生み出す最先端の動画バラエティーで、山里亮太、SHELLYがMCを務める。

岩本は、AIを搭載し人間を自動で追いかけるドローンと鬼ごっこで対決する「AIドローン鬼ごっこ」に登場。ルールはドローンが60秒間人間を追尾できたらドローンの勝利、人間がカメラから3秒以上消えたら…つまりドローンに搭載されているAIが3秒以上人間を追えなくなったら人間の勝利というもの。番組では、これまで3戦中すべてAIドローンの勝利となっている。

ダンスとアクロバットを得意とするSnow Manのリーダーを務め、「筋トレスペシャリスト」の資格を持つジャニーズ屈指の運動神経の岩本。その身体能力でAIに挑んだ。
■ついていけない動きがあってAIがパンクしてしまった
ストイックな岩本は事前にAIドローンを研究。カメラを見て動いたら遅くなると考え、少しでもドローンカメラから見えづらいように、姿勢を低くしたほうがよいのでは?と推理。また、早く動けるように履きなれた足袋を用意するなど準備万端。

「勝たせてもらいます」とクールに微笑み、いざスタート。体育館のような室内を軽やかに走り、さらに壁を蹴ったりバク転をするなどアクロバティックな技も盛り込み、見事3秒間ドローンの追跡をかわした。

これにはスタジオの中村倫也、SHELLY、若槻千夏らも大拍手。AIドローン担当者からは、「死角とか、ついていけない動きがあってAIがパンクしてしまった」と言われ、岩本は「ありがとうございます!」と一礼。そしてガッツポーズをしながら満面の笑みを見せた。

■「ひーくん」がTwitterトレンド入り
岩本の活躍にSNS上では「まじすごかった!」「かっこいい!」「ちゃんと研究して戦ってた!」「途中アクロバットも入れてて魅せたな〜」「AIドローンに初勝利おめでとう!」「これはマジですごい!」「さすが初をとる男」など、称賛の声が相次いだ。

また、「勝った後のひーくんの笑顔がかわいすぎた」「ひーくん、走る姿はアスリート笑うと少年」「走ってる姿が美しすぎた」といった声もあり、岩本の愛称「ひーくん」がTwitterトレンド入りを果たすなど注目を集めた。

Snow Manは現在、単独初主演の映画「滝沢歌舞伎 ZERO 2020 The Movie」が大ヒット上映中。また、12月29日(火)に放送される「SASUKE2020〜NINJA WARRIOR〜」(夜7:00-10:57、TBS系)に岩本が出演。

2021年1月1日(金・祝)には、Snow Manの冠番組「それSnow Manにやらせて下さい」(夜11:50-0:50、TBS系)が放送されるほか、1月20日(水)には3rdシングル「Grandeur」がリリースされる。