12月30日(水)に「超ド級!世界のありえない映像大賞8」(夜6:00-9:00、フジテレビ系)の放送が決定。同番組は、世界中から“超ド級のありえない映像”を集め、究極の“ありえない映像大賞”を決定するバラエティー番組だ。審査員の大倉忠義(関ジャニ∞)は、収録を振り返り「動物のかわいい映像に癒やされました」とコメントした。

今回は、審査委員長に八嶋智人、審査員には大倉のほか、岡田圭右(ますだおかだ)、ギャル曽根、山之内すず、LiLiCoを迎え、審査員たちが数々の“ありえない映像”の中から、“究極のありえない映像大賞”を決定する。

番組では、“まばたき禁止!ハッと息をのむ部門”、“キュンキュンかわいすぎる部門”、“ハラハラドキドキ!目が離せない部門”、“エッ!そんなこと…まさかの部門”、“あっと驚いた!見逃せない部門”の5部門、計70本を超える映像がオンエアされる。

審査委員長の八嶋は収録後「小さな子どもたちのリアクションが印象に残っています」とコメント。その中でも八嶋のお気に入りは「注射を嫌がる女の子」の映像。きょうだいで予防接種を受けに来た注射が大嫌いな9歳の女の子。先に注射を打った意地悪なお兄ちゃんから「思ってたよりずっと痛いよ!」と言われた妹は絶叫する。

さらに、「クリスマスプレゼントに大喜びする男の子」の映像も八嶋のお気に入り。クリスマスプレゼントを早く開けたくてウズウズする10歳の男の子。プレゼントが入った箱を開け、箱の中身が分かった瞬間の男の子のリアクションにスタジオは笑いに包まれる。

また、大倉が特に印象に残った映像として挙げたのは、“サルの島”としても有名な、タイ・プーケットの小さな島で、サルに起きたハプニング映像。人間がサルにエサやりをしていると、食べ物をもらって走り去ろうとしたサルが水たまりに足を取られて転んでしまう。そんなサルのダイナミックな転倒を見た大倉は思わず爆笑する。

他にも、シャチに追われるラッコがボートの上に避難してくるハラハラドキドキの映像や同じポーズで並んで寝る子犬の映像など、動物ならではの予想外の行動や、かわいくて癒やされる様子が盛りだくさんとなっている。

全ての映像を見終えた八嶋は「ハラハラするような映像もありましたが、かわいらしかったり、あっと驚いたり、気付いたら笑っていました」と、さまざまなジャンルの映像に感情を揺さぶられた様子。

大倉は「どの映像も全て“ありえない映像”な中、審査員一同、真剣に大賞を選んだので、ご家族みんなでお楽しみください!」と、視聴者にメッセージを送った。