東海エリア発のユニット“ボイメン”ことBOYS AND MENのレギュラー配信番組「ボイメンの放課後」(ニコニコチャンネル)の新年初配信が1月3日に行われ、田村侑久、本田剛文、平松賢人が出席。それぞれの近況トークで盛り上がった。

■田村侑久、新年の抱負は?

現在10周年アニバーサリーイヤー真っ只中、1月27日(水)には約3年ぶりのオリジナルアルバム「BOYMEN the Universe」リリースも控えるボイメン。

3日配信の「#8」では、新型コロナウイルスの陽性判定を受けての自宅療養期間が1月2日に明けたばかりの本田と、陰性で自宅待機期間が終了した田村&平松が、まずは元気に新年のごあいさつ!

田村・本田・平松「あけましておめでとうございます!」

平松「本年もよろしくお願いいたします!」

と、田村がそこでおもむろに、座っていた折りたたみイスをパチンと閉じる謎のアピール。

平松「…田村さんは今年も天才型ですね」

本田「タムさんは世界のエンターテイナーを目指してるからね。いつかMr.ビーンみたいなポジションを(笑)」

田村「しゃべらずとも動きだけで笑いが取れる存在を目指してるから。今年からはだんだん口数減らしてって、来年の最初の頃には…」

本田「アクションだけで笑わせる存在に!この令和の世にそれができるのは世の中でタムさんしかいないから。世界を目指しとるからね」

■「俺といえばニンジンだろ」!?

配信冒頭で新年の抱負を披露した田村に、視聴者から「たむニンジンの話して」のリクエストが…。事情がつかめていない本田と平松の頭には“?”が浮かんだ様子。

平松「『たむニンジンの話して』ってあったけど…?」

本田「タムさん最近ニンジンの話あった?」

この振りに、「俺といえばニンジンだろ」と意気揚々話し始めた田村。

田村「年越しの時にTikTokライブやったの。家にいて一人で年越し迎えるのも寂しいし『TikTokライブやろう』と思って」

ニンジンはそのTikTokライブのさなか、カウントダウン寸前に登場したという。

田村「ハッピーニューイヤーの1分前くらいに、なんかねえかなと思って冷蔵庫開けたらニンジンが一本入ってたから、『ハッピーニューイヤー!』って(マイクっぽく)ニンジン持ってずっとやってた(笑)」

本田「クラッカー風に?」

平松「その時間ってテレビ各局特番で盛り上がってる時間じゃん。そんな中、ニンジンって(笑)。誰が見る?」

田村「TikTokって配信終わったタイミングで何人が見てくれたのかとか、この配信見てフォローしてくれたとか、全部出るの。300人くらい来とったよ」

平松「300人!?」

本田「嬉しいじゃないの!」

田村「2日連続TikTokライブやった結果、2日とも新規フォロワー5人(笑)。で、その次のTikTokライブで『初見の人ー?』『もし良かったらフォローしてください、僕この2日間、1日5人しか増えてないんですよ』って言ったら、見てくれてた人が『がんばれー』『違うアカウント作るよ!』とか言ってくれて『よっしゃー!ありがとうございます!』って盛り上がって。で、ライブ終わりに『今日何人増えたかな』って見たら…7人」

本田・平松「7人(笑)」

田村「年越ししたタイミングは20人くらい来てくれてたけど」

本田「ニンジンで20人来てくれたんや(笑)。で今、画面ニンジンの絵文字がすごい流れとる(笑)」

■平松賢人、特製写真集を絶賛編集中!

平松は目下、編集長を務めるボイメン10周年記念写真集「BOYS AND MEN 10th Anniversary Book」(小学館より3月発売予定)の編集作業の真っ只中。「CanCam」編集部とのタッグで、プロのカメラマンによる撮り下ろしのほか、メンバーのインタビューやカメラ好きの平松がこれまで撮り溜めてきたメンバー秘蔵写真特集など、ボイメンの10年を詰め込んだ大ボリューム200ページの制作が進む。

ボイメン公式ブログでも「写真送ってあとは(編集部に)お任せしても素晴らしいものができるに決まってるんだけど どうしても自分で自分の写真を選んで、色味とか配置とかまでやりたくて、、」とこだわりを明かしていた平松。自宅待機期間だった年末年始はその編集作業に没頭していたようで…。

本田「賢さんは?年末年始何しとったん?」

平松「めちゃくちゃ写真集!オール写真集!でもちょっと、やばいよ。超かわいいよ、本ちゃんとか」

本田「撮り下ろし写真?」

平松「撮り下ろし写真はCanCam編集部の方に組んでもらってて、そこはもちろん完璧ですよ。で、僕はそこじゃなくて、セミプロである平松が今まで撮り下ろしてきた写真をね」

本田「ああ、なるほどね。賢ちゃんの9万枚の写真のやつね」

平松「そうそう!それがかっわいいの!本田くんの女装してる写真とかも、編集部の方に送ったら『(本田さんがかわいすぎて)世の女性たち自信なくなりますよ』って返ってきたよ」

田村「言いすぎや。本物の女性の方がかわいいに決まってるやろうが!」

平松「本ちゃんがめちゃくちゃかわいいくて。でも!それよりも、もっとかわいいのがタムちゃんなのよ」

本田「なにぃ!」

平松「タムちゃんは元気いっぱいニコニコ少年って感じで」

田村「ポケモンバトル仕掛けてくる感じ?」

平松「あれはみんなに見てほしいって思った。かわいいしカッコいいいし」

田村「なにそれ、営業上手だねぇ。うまいこと乗せてくねぇ!」

平松「写真集の中で僕、けっこうなページいただいたんですよ。その中でも田村さんのイチ押しの写真を一番デカく載せてあります。

本田「えー、“クソデカわんぱく田村”がおるってこと?」

田村「それ面白写真であってほしいわぁ」

平松「そのタムちゃんはホントにもう神!」

田村「今ので買おって思った(笑)」

本田から飛び出したパワーワード“クソデカわんぱく田村”にボ倍P (※「ボイメンの放課後」チャンネル会員の呼称)も大盛り上がり!

■本田剛文の年越しは?

12月に新型コロナウイルス陽性が確認された本田は、1月2日まで完全自宅療養。家から一歩も出ず、得意のおしゃべりも完全封印で過ごしたという。

本田「たいへんご心配をおかけしました。今日から活動再開ということで。10日ぐらいかな、自宅療養でいたんですよ。お正月三が日ぎりぎり滑り込みで、今日から活動再開ということで」

田村「よかった!戻ってきてくれて本当に。自覚症状なかったんでしょ?」

本田「うん。熱も一回も出てないし、味ずっとしとったし、ずっと家で元気な状態で」

田村「なにしとったん?家で」

本田「YouTube見たり、マーベル映画をもう何周目?っていうぐらい見直したり(※本田はボイメンきってのマーベル作品好きで有名)。今回、自分ですごいなって思ったのが、マーベルって何回見てもあきないんだな俺って。不思議ねと思って」

田村「年越しの瞬間は何しとった?」

本田「2020年のうちにブログを1本書こうと思ってて、23時59分何10秒かに滑り込みで更新したから、俺が年越した瞬間は多分その余韻(笑)。自宅療養中、家族と電話でしゃべったとかはあったけど生身の人間としゃべるのは今日がホントに2週間ぶりなのよ」

平松「本ちゃんはしゃべりたい人だからね」

久しぶりに思いっきりしゃべれる環境でノリノリの本田。後半では妄想トークを30分にわたって繰り広げ、用意されていたコーナー企画をすべて飛ばすという異例の事態となった。いつもと違う本田に、ボ倍Pからも「デビル剛文!」「本ちゃんフルスロットル」「本当に本田くん…だよね?」の声。

平松「もう何〜!? 2020年の本ちゃんと全然違う本ちゃんが帰ってきたんやけど(笑)。ねぇ、おかしなってるこの人!」

本田「今日ホントはね、けっこうおもしろそうなコーナーだったんですけど」

田村「いやでも俺はこっち(フリートーク)のほうが盛り上がってよかったと思うよ!」

本田「久々だからこそのテンションだもんね。俺も2週間こんなにしゃべってないことなんてないもん」

平松「もう〜。なんやの〜!おかしいやろ(笑)」

そんなこんなで、約1時間の生配信をにぎやかに締めくくった3人。この日は「ボイメンの放課後」のチャンネル入会特典・ステッカーのデザインも発表され、盛りだくさんの内容となった。次回は1月17日(日)夜に生配信を行う予定。メンバーは後日発表となる。

「ボイメンの放課後」は、 BOYS AND MENの所属事務所「株式会社フォーチュンエンターテイメント」が、名古屋から全国・全世界へとエンターテイメントを発信すべく新たに立ち上げた配信チャンネル「NDP TV」の取り組みの一つとして制作される番組。

毎月第1日曜日夜はメンバー数名、第3日曜日夜はメンバー全員で、ニコニコチャンネルにて1時間程度の生配信を行う(※日時、出演メンバーは変更になる可能性あり)。チャンネル会員になることで番組全編が視聴できる(番組前半はチャンネルに入会していない人も視聴可能。見逃し配信あり)。