山田杏奈が、1月7日に都内で開催された映画「名も無き世界のエンドロール」完成報告会見に出席。8日が20歳の誕生日ということで、主演の岩田剛典(EXILE/三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE)、新田真剣佑、中村アン、佐藤祐市監督らにサプライズで祝福され、歓喜する一幕があった。

行成薫の同名小説を佐藤監督が映画化した同作は、岩田と新田が表裏一体のバディを演じるサスペンス・エンターテインメント。
何よりも強い絆で結ばれた幼なじみのキダ(岩田)とマコト(新田)は、10年もの歳月をかけて表と裏それぞれの社会でのしあがり、住む世界の違うある女性に近づき、プロポーズをしようとしていた。だがそれは、日本中を巻き込む“壮大な計画”だった。

山田が演じるヨッチは、キダとマコトと同学年の幼なじみという役どころ。現在、岩田は31歳、新田は24歳と世代は違うが、撮影では違和感がなかったという。

山田も岩田と新田について、「芝居のときはお二人に助けていただきっ放しで」と感謝し、「年齢も違ったので大丈夫か、幼くないかなと思っていたんですけど、お二人がどんどん引っ張ってくださるので、ヨッチとして楽しみながら3人の時間を過ごせて。すごく幸せな時間でした」と笑顔で振り返った。

終盤には、岩田と新田の「幼なじみのヨッチにサプライズがあります。お誕生日おめでとう」の掛け声とともに、ステージにフラワーケーキが登場。岩田らからサプライズで誕生日の祝福を受けた山田は「ありがとうございます!うれしい」と満面の笑み。

司会者から「全然気付かなかったですか?」と声をかけられると、「全然気付かなかったです」と明かすも、「前日だからと思っていたんですけど、誰も何も言ってくれなくて、寂しいなと思っていて。うれしいです!」と笑いを誘いつつも、はにかんだ。

そして、共演者から祝福のコメントが。中村からは「20歳を楽しんでほしいなと思います」と声をかけられ、山田は「楽しみます」と宣言。

岩田は爽やかな笑みを浮かべながら「杏奈ちゃん以外は、この段取りを知っていたので、いかに隠すかの1日でした」と明かし、「20歳は特別な年にしてもらいたいですね」と期待を。

新田からは「僕も成人して4歳なので、あまり言えることはたくさんはありませんが、失敗を恐れずに頑張ってください!応援しています」とエールが送られ、山田は「ありがとうございます」と感謝していた。

映画「名も無き世界のエンドロール」は1月29日(金)より全国公開。


◆取材・文・撮影=TAKAMI