1月8日、名古屋・栄を拠点に活動するアイドルグループ・SKE48が、熱田神宮にて成人式を実施。新成人である青海ひな乃、北川愛乃、太田彩夏、中野愛理、田辺美月、竹内ななみ、池田楓、西井美桜が参加した。

また、取材会も行われ、新成人メンバー8人は二十歳の抱負を述べた後、取材陣からの質問に答えた。

■中野愛理「大人の魅力あふれる1年にできたら」

――二十歳の抱負を教えてください。

青海:私は20年間たくさんの人に支えられ、助けられてきたので、これからは私が恩返しをできるように、たくさんの人を支え、助けていきたいなと思います。

北川:私の二十歳の抱負は“夢”という目標で、今までもいろんな夢を持って活動してきて、かなった夢もたくさんあるんですけど、まだまだかなえたい夢がたくさんあるので、その夢に向かってこれからも頑張ります。個の力をもっとつけて、SKE48の外でも戦っていけるように頑張っていこうと思います。

太田:まずは成人式を無事に迎えられて、とてもうれしいです。私の二十歳の抱負は、大人の仲間入りをしたということで、自分の行動や言動に自覚と責任を持ちたいと思います。今まで支えてくださったファンの皆さんや両親に感謝の気持ちを忘れず、これから活躍できたらと思います。

そして、私は二十歳になって競馬のお仕事をさせていただいたんですけど、もっと競馬のお仕事がしたいです。(2020年の)12月に一度かなったんですけど、幅広くテレビの競馬のお仕事で活躍できたらいいなと思うので、これから活躍している姿をファンの方に見せられるように頑張っていきたいなと思います。

中野:私は、二十歳というのは人生の大きな節目だと思うので、大人の魅力あふれる1年にできたらいいなと思います。内側から外側まで、しっかり自分が思う大人の女性を目指して、この1年は自覚を持って頑張りたいと思います。

田辺:二十歳になったということで、全ての行動、言動に大人としての責任をしっかりと持って、今までたくさんの方に支えられ、甘えてきた部分もあるので、ちゃんと自分にも厳しくしながら責任を持って日々行動していきたいと思います。

アイドルになって3年目になるので、SKE48の中でもっと大きな存在になれるように、これからももっと頑張って活動していきたいなと思います。

竹内:私の二十歳の抱負は、もっと清楚で大人らしく、おしとやかに行動していきたいと思います。大人になったということで、同期やチームS、そしてSKE48を引っ張っていけるようになりたいと思います。

池田:私の二十歳の抱負は“前進”です。私は今まで自分がどんな立ち位置にいてもなかなか悔しいと感じることができなかったり、自分から前に行きたいという気持ちをあまり持てなかったんですけど、これからは努力を重ねて自分に自信を持って、もっともっと前に進んでいきたいという思いで、“前進”に決めました。

あとは、SKE48としてどんどん活躍して知名度を上げて、出身地の長崎・佐世保の観光大使のようなことができるように、二十歳の1年を一生懸命頑張っていきたいと思います。

西井:私はここまで育ててくれた家族に家を買いたいです。あと、漢字を勉強したり、ニュースをたくさん見たいと思います。感謝の気持ちを忘れずに、SKE48として活動していきたいと思います。

――皆さんが着ている着物の、選んだ理由やポイントなどを教えていただけますでしょうか。

青海:私は地元の成人式で着るのが白の古典柄なので、SKE48の方ではかわいいレトロ柄を選ばせていただきました。

北川:成人式の前撮りをしたんですけど、その時はSKE48カラーのオレンジの着物を着たので、今回は私のメンバーカラー(ピンクと水色)が入っているところがポイントです。

太田:私はメンバーからよく青が似合うと言われるので、青い着物にしました。あと、絞りがすごくきれいで、お年寄りにも愛される柄かなと思って選びました。

中野:私はあまり見ないグラデーションの着物にしました。赤と黒の着物とすごく迷ったんですけど、二十歳はまだ若いので華やかにいきたいと思って、こっちにしました。白いお花が華やかでかわいいなと思っています。

田辺:私はファンの方に喜んでもらえるかなと思って、メンバーカラーの黄色の振袖にしました。レトロで派手なカラーがすごくかわいくて、ファンの方々が写真を見たときにパッと黄色で「田辺です!」って感じで分かりやすいかなと思って選びました。

竹内:普段から私服も真っ黒なので、振袖も黒しかないだろうということで選びました。

池田:私はピンクが好きなんですけど、普段は名前に“池”が入っているので、衣装さんが青や水色の衣装を当ててくれることが多いんです。でも、成人式ということで、自分が好きな色を着ようと思って決めました。

西井:私は顔が明るく見えるように赤にしました。ぷにぷにした部分があるんですけど、そこがかわいくてお気に入りです。

■竹内ななみ「まだビキニを着たことがないので…」

――太田さんは競馬のお話をしていましたが、皆さんが二十歳になってしてみたいことはありますか?

青海:私は二十歳になる前にボートレースのお仕事をさせていただいたんですけど、その時は(未成年なので)番組内のポイントでしかできなくて。でもすごく楽しくて、リハーサルで1回(予想が)当たったときに、お金を賭けていたらすごいことになっていたんだろうなって思ったらハマりそうで。二十歳になったら舟券が買えるので、ひとつ勝負をしたいなって思っています。

北川:お酒を飲んでみたいなと思います。でも、最初はファンの皆さんと飲みたいと思って。SHOWROOMでファンの皆さんと一緒に飲ませていただきたいなって考えています。それが楽しみです。

太田:私は先ほど言った通り、競馬のお仕事で活躍したいと思っています。自分でもビックリしたんですけど、12月に万馬券が的中しまして。2021年も回収率を上げて、ファンの皆さんに参考にしてもらえるような予想をして、万馬券をまた当てたいなと思います。

中野:私もお酒を飲みたいなと思っているんですけど、私の誕生日が3月24日でまだ先なので、首を長くして待っています。初めて飲むお酒は、おしゃれにシャンパンがいいなと思っています。

田辺:私は地元の新潟でお仕事をして、新潟の方にSKE48のいいところをもっとたくさん、私がきっかけになって広めていきたいです。あと、以前大食い番組に出演させていただいたときに完食できなかったので、二十歳になったのでもっと胃を鍛えて、また大食いの仕事ができたらいいなって思います。

竹内:私はまだビキニを着たことがないので、大人になったということで、たくさん肌を見せて(笑)、海とかに行って撮影できたらなと思います。

池田:私は車の免許を取りたいなと思っています。高校生の頃に(教習所に)通ってはいたんですけど、SKE48に合格して引っ越すことになったので、途中で断念してしまったので、免許を取って日本1周のドライブをしたいです。取れなかったらヒッチハイクで日本を1周したいなと思います。

あと、以前テレビ番組で物まねやパンスト相撲など、いろんなバラエティー路線のお仕事をさせていただいたので、バラエティーも二十歳は頑張りたいと思います。いつでもパンストかぶります!(笑)

西井:枝豆やたこわさが好きなので、私もお酒を飲んでみたいなって思います。

■太田彩夏「新しい風を私たちで巻き起こしたい」

――太田さんにお聞きしたいのですが、毎年AKB48グループの成人式ではメンバーの方が「私たちは○○世代です」と命名していたんですが、このSKE48の8人には何世代と名付けますか?

太田:そうですね…「暴風世代」(笑)。理由はですね、SKE48も(松井)珠理奈さんが卒業されるということで、また変わっていくと思うので、新しい風を私たちで巻き起こしたいということで、「暴風世代」です。

青海:“暴風”なんですね?

太田:強い風が(いいかなと思って)。強過ぎてあまりよくない?

一同:(笑)。

太田:“強風”の方がいいかな? その方がきれいですかね? そうですね、新しい風を巻き起こしたいと思います(笑)。

――抱負で触れていた方もいらっしゃいますが、改めて、成人式を迎えてどんな大人になりたいかを教えていただければと思います。

青海:私はこの20年間すごく甘えて生きてきたので、自立できないタイプで。礼儀とかは分かるんですけど、常識もあまり知らなくて、確定申告とか税金とか年金とか、本当に分からないので、そういう一人で生きていけるような知識をこれからもっと勉強したいと思います。料理もあまりできないので、家庭的なこともできる大人になりたいです。

北川:私は、自分のために生きるのも大事だと思うんですけど、それ以上に誰かのために頑張って生きるというのがすごくすてきだなと思うので、応援してくださっている皆さんに喜んでもらえるようにこれからも生きていきたいです。初心を忘れずに、良い意味で大人になり過ぎないというか、入った頃の気持ち、フレッシュな気持ちをこれからも持ち続けて、どんどん積極的にいきたいなと思います。

太田:私もこれまで周りに甘えて育ってきてしまって、料理などの家事もあまり手伝ってこなかったので、親に恩返しするとともに家事をしっかりやりたいです。あと、私は自分のことで精いっぱいで周りのことをあまり見られてないと思うので、しっかり周りを見て、人を手助けできるようなすてきな大人になりたいなと思います。

中野:私は、当たり前のことを当たり前だと思わない人になりたいです。小さなことにも感謝をして、感謝の気持ちを忘れない大人になりたいなって思います。

田辺:新潟にいる家族に恩返しできるような存在になりたいです。あと、SKE48の先輩は周りに目を配っていて、自分のことだけじゃなくて周りのことも考えて行動して、私たちに声を掛けてくれる姿がとてもかっこいいと思うので、私もそんな存在になれるように、もっと自分に厳しくこれから行動していきたいなと思います。

竹内:私は“圧倒的清楚”という感じでいきたいなと思います。

池田:私は二十歳の1年は、いつも支えてくださるファンの皆さんや、家族、先輩や同期に、たくさん恩返しをしていきたいなと思います。以前、番組で教えてもらった「施されたら施し返す、恩返しだ!」という言葉を胸に頑張っていきたいです。あと、私は実年齢よりも幼く見られることが多いので、もっと大人っぽくなりたいですし、ちょっと田舎者な部分もあるので、都会の女になれるように頑張りたいと思います。

西井:私は人見知りで、仲の良い子と一緒にいないと生きていけないんですけど、大人になるということで、一人でも生きていけるように頑張りたいと思います。