櫻井翔が“局長”を務める「1億3000万人のSHOWチャンネル」(毎週土曜夜9:00-9:54、日本テレビ系)の初回2時間SPが、1月16日(土)に放送される。1億3000万人が誰でも企画を考え、発信し得るこの時代に、芸能人や文化人、アスリート、そして視聴者の「やってみたい」「見てみたい」が詰まった企画をどんどん実行していく同番組。初回は、自身の熱のこもった企画にチャレンジする「企画担当ゲスト」として有働由美子、北川景子、児嶋一哉、滝沢カレン、そして宇宙飛行士の野口聡一氏が登場。ゲスト自身のコンプレックス解消から、宇宙からのチャレンジまで、さまざまな企画が登場する。

今回は、日本テレビの副調整室と国際宇宙ステーション(ISS)の「きぼう」日本実験棟にいる野口氏を中継でつなぎ、櫻井局長自ら、野口氏へのインタビューを実施する。

■櫻井局長が国際宇宙ステーションと中継!

収録日である日本時間12月24日の深夜、櫻井は「まさか野口さんと直で交信できるとは思っていなかった!」「こんな壮大なクリスマスプレゼントがあるなんて!」と期待に胸躍らせる。

日本時間11月16日に、民間初の有人宇宙船「クルードラゴン」に、アメリカ人以外で初めて搭乗した野口氏。3度目の宇宙滞在となる今回は、地上から400km上空の国際宇宙ステーションにおよそ半年滞在し、日々さまざまなミッションを行っている。

今回は、多忙な合間を縫い、「SHOWチャンネル」に「逆さコマは無重力の宇宙空間で回すとどうなるのか?」という企画を持ち込む。実際に目の前で繰り広げられる宇宙での実験結果に、櫻井も大興奮する。

さらに野口氏は“宇宙で宇宙食の食リポ”として、のりにしょうゆをつけ、ご飯を包んで食べることに挑戦する他、櫻井の「休みの日はあるんですか?」「宇宙ステーションでの暮らしは?」といった日常に関する質問にも回答していく。