1月25日にインターネット配信された2021年劇団☆新感線41周年春興行Yellow新感線「月影花之丞大逆転」製作発表に、脚本を務めた中島かずき、演出のいのうえひでのり、出演者の古田新太、阿部サダヲ、浜中文一、西野七瀬、木野花が出席した。

劇団☆新感線は、JR新幹線を安全に走行させるために点検や診断を行う黄色い新幹線「ドクター・イエロー」から着想を得て、コロナ禍でも新感線を求めるファンに見て元気になれる作品を創るべく、“Yellow 新感線”として発進。

今作では、座付作家の中島による脚本、主宰のいのうえの演出により、2003年の「花の紅天狗』(1996年初演)のスピンオフ作品として、かつて木野が演じた月影花之丞が再び登場する。

1月の上旬から稽古は始まっているが、主演の古田は「稽古中なんですけど、何が面白いか分からない状態。混沌とした稽古場で、実は稽古場を見せる方が一番面白いと思う。出来上がったものがどうなるかはお楽しみです」とぶっちゃけ、いのうえらは爆笑。

司会からその理由を聞かれると、「木野先生が全くもって段取りを覚えられず、全然違うことを言い出すんです。僕はじいじという役なんですけど、ばあばって言われる。そんな面白いことを稽古場でされたら本番がもったいなっていう。書いていないセリフを言い出す」と、木野の稽古場での様子を暴露した。

また、木野に「どういうつもりなんですか? 俺たちを楽しませようとしてるの?」とツッコミを。
最初のあいさつで「段取りがものにならず。毎日泣きたい気分です」と明かしていた木野は「そんな余裕はないの!ただ花之丞をやろうとすると、木野花が崩壊していく感じがするの」と弁明するも、古田は「いや木野花がそうなんだから。撮っておいて、TikTokとかで流した方がいい」と提案していた。

共演の阿部も「笑いに特化した舞台にやれるのはうれしい」と言い、「古田さんと木野さんの掛け合いがすごく楽しくて。木野さんが動きでテンパっている時に、たまたま稽古場の近くに救急車がきて、古田さんが『迎えにきたよ』って言ってたのが、一番楽しかった。また、木野さんが『力業』というセリフを勝手に『太っ腹』に変えていた」と稽古現場での古田と木野の様子を告白。

木野とは初共演になるが、木野について「『先生』というイメージがあって、完璧にセリフをやるすごくちゃんとした方なんだと思っていたのですが、(木野が)休憩時間終わった時に、『おトイレ』って勝手にトイレに行ったので、どういう人なんだろうって。古田さんがそれに『自由』ってツッコむっていう。楽しい現場です」と笑顔でさらなるエピソードを披露し、キャスト陣の笑いを誘っていた。

そんな中、西野と共に劇団☆新幹線初参加となる浜中。「古田さんと阿部さんと舞台を一緒にやらせてもらえるのはうれしいことです。稽古はずっと笑っていますね」とニッコリ。

また、「周りの人から劇団☆新幹線は動くからきついと聞いていて。今回、僕は年齢的には若い方ですが、全然動いていない。むしろ古田さんと阿部さんの方が動いでいて申し訳ないです」といい、「今回、ツッコむ役なので、そっちで頑張っていきたい」と意気込んだ。

そんな浜中について、古田は「ぶん(浜中)は普通に芝居がうまいです。信頼できるかというか、これから要らないアドバイスをしていこうかなと思います」と絶賛するも、「こんなキレイな顔していて、多分変態だと思います」とコメント。

最後に、古田は「今、本当にくだらないことを一生懸命考えております。本当に皆さん、がっかりすると思うので、コロナ禍ではありますが、こんなにがっかりすることがあるんだというのを高い金を払って見に来てください」とユーモアを交え、アピールしていた。



◆取材・文=TAKAMI