2月21日(日)の「AKB48チーム8のKANTO白書 バッチこーい!」(毎月2回日曜夜11:30-0:00、チバテレ)では、「バッチバチ!あなたは服部有菜より賢いの?」を放送する。

「チーム8イチのおバカ」と紹介され、岐阜県代表・服部有菜がスタジオに登場。MC・吉川七瀬から服部の過去の発言「私はまだファイブティーン」が紹介されると、「ファイブティーンって合ってませんか? でも、15歳の時に言ったことなので」と平然と言い返し、MC・鈴木拓(ドランクドラゴン)も「いいですよ、いいですよ」と“逸材”の登場に喜ぶ。

また、「アメリカの首都はロンドン」という発言については、服部が「(正解は)分かる?」と逆に質問を投げ掛け、番組が誇る“AHO”吉川は「DCの…」と返答。続けて服部が「ロサンゼルス!」と自信満々に答え、「岐阜にいいのいるじゃない!」と鈴木をさらに喜ばせた。

■1問目から“おバカ回答”続出!

今回の企画は、服部が与えられたジャンルに沿った問題を即興で考え、バッチこーいチームの岡部麟、清水麻璃亜、高橋彩音、小栗有以、小田えりな、左伴彩佳が回答。正解すれば人数分のポイントが入るが、不正解者の分のポイントは服部に入る。さらに、出題者である服部が答えを間違えると、マイナス100ポイントとなる。

負けたチームは、罰ゲームとして“世界一甘いインドの菓子”グラブジャムンを食べることに。吉川が試しに食べてみると「甘すぎて口が解けそう」「蜂の巣を食べてる(みたい)」と目をむき、スタジオの外に避難。メンバーの不安を煽る。

■想像を超えるおバカっぷりに高橋彩音が震える!
清水は「チーム8の“おバカ”と言えば、服部か七瀬か…ひだあや(左伴)?」と三つ巴戦になると予告するが、一問目から波乱の展開に。「魚の“たい”を漢字で書きなさい」という問題で、見たことのない漢字が次々と出てくる。

さらに美術の問題では、正解の分かった高橋が「すごいことが起こっている…怖い! 怖い!」と服部の出したクイズに動揺。期待以上に“おバカ”っぷりを発揮する服部が、スタジオを笑いの渦に巻き込む。

後半は「バッチバチ!あなたは吉川七瀬より賢いの?」に変更。何も知らされていなかった吉川が出題者となり、「ここからは私が進行させていただきます」と服部が代理でMCを務めることに。出題で漢字を書き間違えるなど、吉川も期待を裏切らない展開で盛り上げる。

エンディングで、鈴木は「二人(吉川、服部)はあまり失うものがなかった。バッチこーいチームの方が失うものが多い。◯◯なんて大打撃だと思うよ」と総括。吉川、左伴、服部以外に“おバカ”を露呈してしまうメンバーは果たして誰か?

※高橋彩音の高は正しくは「はしご高」

■服部有菜 収録後コメント
ずっと出たかった番組だったので、呼んでいただけてすごくうれしかったです。すごく緊張して、いつもの素の自分を見せられるかなとか不安だったんですけど、(鈴木)拓さんとか関東メンバーが本当に面白くて、助けてもらいました。

自分はそんなにバカだと思っていないんですけど、ななせとか、ひだあやとか、(関東メンバーには)すごくバカな子が多いので(笑)、その子たちよりはマシかなと思ってました。でも、ななせが出した問題で分からないことが多かったので、今後はもっともっと勉強していきたいなと思います。

(初共演の)拓さんは仕切りが安定していて、メンバーのいじりがうまいなぁと思いました。すごくアットホームな空間になってました。

(MCをやってみて)しゃべることは好きなんですけど緊張が勝ってしまって…。棒読みになってしまったり、かんでしまったので、これから練習して、MCを極めていきたいです。

初めての「バッチこーい!」、すごくすごく頑張ったので、皆さんぜひ見て、たくさん笑ってください。よろしくお願いします!