1月12日、品川プリンスホテルにて「はたちの献血」キャンペーン記者発表会が実施され、キャンペーンキャラクターを務める女優・モデルの山之内すずとお笑いコンビぺこぱの松陰寺太勇とシュウペイが登壇。献血クイズに挑戦したほか、現在放送中の新CMについて語った。

■CM撮影現場にはぺこぱの日めくりカレンダーが…

同キャンペーンは、献血者が減少しがちな冬期において広く献血に関する理解と協力を求めるもの。公開中の新CMでは山之内が演じる大学生のもとにぺこぱの演じる“献血妖精”が突如現れ、「It’s 献血チャンス!」の合言葉と共に献血の必要性を伝える。

CM撮影時の思い出について、山之内は「撮影現場に松陰寺さんの日めくりカレンダーがあって緊張がほぐれました」と回答。シュウペイは「撮影自体はめちゃくちゃ楽しかったんですけど、最初に現場に入った時、硬い雰囲気だったので一瞬ドッキリかと思いました」と、日々ドッキリを仕掛けられている売れっ子芸人らしい感想を述べた。

■クイズでシュウペイが“大けが”

また、会見内では献血に関する知識を問う「献血クイズ」を実施。「キャンペーン期間中に献血するともらえる記念品は何か」、という問題では、山之内が「イラスト入りミニタオル」と正解を出した一方で、シュウペイは「ぺこぱ単独ライブチケット」と回答。このボケに対し松陰寺は「急にぺこぱ単独ライブチケットの告知をしても…悪くないだろう」と、“否定しないツッコミ”を見せた。

そして最後の「輸血用血液製剤は主にどのような場合に使われているか?」という問題では、シュウペイは「交通事故のケガ」と真面目に回答していたものの、フリップに誤って「事“胡”」と書いてしまい、会場は大爆笑に。続いて松陰寺は「ケギャ」とボケたものの「前の答えが強すぎて…」と濁した(正解は「がんの治療」)。

最後に、会見を振り返りシュウペイは「全治一生のけがを負いました」とコメント。松陰寺に「記事に絶対使われると思うよ」とつっこまれ、「『ぺこぱ、PRイベントで大けが』でネットニュースの見出しになると思います」と苦笑いだった。