1月12日深夜放送の「パパジャニWEST」(TBS系)で、ジャニーズWEST・神山智洋の“滑舌”に注目が集まる場面があった。

今回は、将来アナウンサーになりたいという小学4年生の女の子と一緒に、TBSで体験学習に挑戦した。見学チームの中間淳太・重岡大毅・桐山照史・女の子、そしてリモートチームの藤井流星、濱田崇裕、神山智洋、小瀧望、二手に分れて行動した。

見学チームはアナウンスセンターを訪問し、続いて「ひるおび!」の生放送を見学。そして再び合流した一行は、TBS堀井美香アナウンサー指導の下、アナウンス研修を体験した。

まずは滑舌のトレーニングからスタート。舌を出しながら「あいうえお」と発声することで、“表情筋”が柔らかくなるという。最初に挑戦したのは小瀧。頬を赤らめながらの発声に、堀井アナからは「まだ恥ずかしそう」とのツッコミが飛んできた。次は神山。元気よく発声するも「お」のタイミングでえずいてしまい、桐山らは大爆笑。

■この竹垣に…

そんな神山だが、滑舌チェックのお題「この竹垣に竹立てかけたのは 竹立てかけたかったから 竹立てかけたのです」では、一度もかまずに披露。「お〜」「すご〜い」「素晴らしい〜」などメンバーや堀井アナから喝采を浴びた。

一同が挑戦し終えると、堀井アナは「滑舌のグッドアナ」に神山を指名。神山は“ウイニング竹垣”をリクエストされ、またしても流ちょうな早口言葉を披露していた。

視聴者からは「舌だしあいうえおは笑った」「オエってなる神山パパかわいい」「神ちゃん滑舌良いからナレーターもやって欲しい」「神山パパ滑舌王だね」「神業すぎ」など、多くのメッセージが寄せられた。次回の「パパジャニWEST」は、1月19日(火)放送。「アナウンサー体験学習」の後編をオンエア予定。

※濱田崇裕の「濱」は異体字が正式表記