菅野美穂主演ドラマ「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」(毎週水曜夜10:00-11:00、日本テレビ系)の第1話が1月13日に放送され、世帯平均視聴率が10.3%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)をマーク。菅野と浜辺美波という美人母娘を中心に岡田健史や東啓介、バンド[Alexandros]のボーカル&ギター・川上洋平ら注目のイケメンキャストが続々と登場する展開で、Twitterでもトレンド入りする反響を呼んだ。(以下、ネタバレがあります)

■菅野&浜辺が個性あふれるトモダチ母娘に

“ウチカレ”こと「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」は、数々の恋愛ドラマを手がけた脚本家・北川悦吏子によるエキサイティング・ラブストーリー。少女のような天然キャラの母と、しっかり者で“陰キャ”なオタク娘のトモダチ母娘が“恋”に奮闘する姿をコミカルに描く。

菅野演じる水無瀬碧(みなせ・あおい)は、売れっ子恋愛小説家で、浜辺演じる一人娘・空(そら)を持つシングルマザー。空は筋金入りの漫画好きで、時間があれば漫画やアニメに没頭。同級生からも“陰キャ”呼ばわりされるオタクキャラだ。

そんな空の“彼氏候補”となる同じ大学に通う大学生・入野光を岡田健史が、碧の幼なじみで“彼氏候補”の・ゴンちゃんを沢村一樹が、碧の担当編集者・橘漱石を川上洋平([Alexandros])が演じている。

天真らんまんで思ったことを何でも口にしてしまう碧と、対照的にクールで愛想ナシ、理詰めで物事を考える空の個性あふれる母娘の人となりが初回から存分に描かれ、放送中から「菅野美穂さんの可愛くてお茶目なママ最高!」「碧がポロリと涙をこぼしたところ、グッときた」「メガネ美波ちゃん可愛すぎ!外した時のギャップもたまらん」「オタクメガネでボソボソしゃべる美波ちゃんずっと見てられる」といった感想でにぎわった。

■川上洋平、ドラマ初出演にしてトレンド入り反響!

本作がドラマ初出演作となる[Alexandros]川上も、存在感を発揮した。

川上演じる橘は寡黙なキャラクターながら、「恋愛とか、遠い。そんな相手もいないし…」と肩を落とす碧をはげまそうと手を広げて「おいで」ポーズ。包容力を見せたかと思えば、自宅でひとり涙をこぼす碧の哀しみに電話口で気づき「大丈夫ですか?何かありました?鼻声ですけど」と思いやる気遣いも見せた。

ミュージシャンならではの美声とミステリアスな雰囲気をそのまままとい、傷ついた碧の心に優しく寄り添う橘に、[Alexandros]ファンだけでなくドラマファンからも「『おいで』はやばかった」「電話のシーンもきゅんきゅんした!」「川上洋平さん素敵だった!」といった絶賛の声が続出。

話題の多かった初回、Twitterでは「#ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」「#ウチカレ」がダブルでトレンドトップ10入りしたほか、「菅野美穂」「美波ちゃん」「洋平さん」など関連キーワードが続々とトレンド入りする反響となった。

第2話は1月20日(水)に放送される。同じ相手とは知らず、整体師の渉(東啓介)を好きになってしまった碧と空。久々の恋する気持ちに浮かれる碧は、新作の恋愛小説に役立てるという名目のもと、気合いを入れて整体院へ。一方、担当の橘漱石は人知れず碧のことを気にかけていた。

大学では、空がゼミ中に落書きしたイラストを見た光(岡田健史)が、“大事な話”があると空を呼び止める。前回の飲み会以来気まずい関係の光に身構える空だが、喫茶店に空を誘い出した光はまさかのカミングアウト!なんと、光は大学デビューで人気者のブランディングに成功した、隠れ二次元オタクだった。