杉咲花がヒロインを務める連続テレビ小説「おちょやん」(毎週月〜土曜朝8:00-8:15ほか、NHK総合ほか※土曜は一週間の振り返り)。1月15日放送の第30回では、鶴亀撮影所に足を踏み入れた千代(杉咲)を個性あふれる新たな顔ぶれが迎えた。(以下、ネタバレがあります)

■「女優の竹井千代さんですか?」

“大阪のおかあさん”として人気を誇った名女優・浪花千栄子をモデルに、ヒロイン・千代の奮闘を描く「おちょやん」。第6週「楽しい冒険つづけよう!」(1月11日〜16日)では、千代が山村千鳥(若村麻由美)一座で女優としてのいろはを学ぶ姿が描かれた。

一座での初舞台を初主演で飾った千代は、千鳥の紹介で鶴亀撮影所の門を叩いた。千代を迎えたのは助監督の小暮(若葉竜也)。「女優の竹井千代さんですか?」と声をかけ、舞い上がる千代を所長室へと案内した。

所長・片金(六角精児)と監督・ジョージ本田(川島潤哉)の前に通された千代は、そのまま女優としての採用面接へ。「どんなこと聞かれるんやろか」と身構えていると、所長は「右向き。左向き。くるっと回り。よっしゃ、合格や」とあっさり千代を採用。千代は晴れて鶴亀撮影所つきの女優となったのだった。

とんとん拍子に進んだ採用試験だったが、それはあくまでも千鳥の影響力の賜物だったよう。カフェーキネマでは大部屋女優を経験した洋子(阿部純子)が「山村千鳥の紹介やったらまず落とされることはないやろ」とつぶやき、千代が去った後の所長室でも所長とジョージ本田が「ホンマのとこはどうやった?」「無理だね、あの程度では」と会話する描写もあった。

■クセが強い!鶴亀撮影所の愉快な仲間たち

撮影所で“キネマ女優”の道を歩み始めた千代。周囲を取り巻くキャラクターはここでも個性派ぞろいだ。

所長の片金(かたがね)は、股間からモノがはみ出ると“縁起がええ”と喜ぶことから“カタキン”所長と呼ばれる変わり者。“大部屋女優”と呼ばれる千代のライバル女優たちはみな「あんたみたいな新入りは、入り口の一番そばや」「あなたの席、ないわよ」など、わかりやすい“いけずキャラ”で千代を圧倒した。

中でも異彩を放ったのが、“ハリウッド帰り、といっても住んでただけのいきさつで映画監督になってしまった”ジョージ本田。「ガッデム」が口グセで、千代の面接では「せっかくなら芸名つけたらどうですか?僕が名付け親になってあげよう。そうだな…竹井…竹…バンブー…バンブーベロニカ」と衝撃の芸名をひねり出して見せた。

千代がとっさに「本名で!気ばらしてもらいます」と断ったため事なきを得たが、「バンブーベロニカ」のパワーワードは視聴者のあいだでも大反響。Twitterでは「バンブーベロニカ」が「#おちょやん」とともにトレンドトップ10入りするなど話題を集めた。

ジョージ本田役・川島潤哉は、自ら脚本・演出を手掛ける一人演劇公演「コテン(弧天)」も行う俳優。舞台での活動のほか映画やドラマにも多数出演し、連続テレビ小説は「ゲゲゲの女房」(2010年度前期)に出演後、「純と愛」(2012年度後期)や「なつぞら」(2019年度前期)ではレギュラー出演。

「エール」(2020年度前期)では小山田耕三(志村けん)の傍らにいつも寄り添う秘書・猿橋重三役で出演。第119回、壮年期を迎えた古山裕一(窪田正孝)のもとを訪ね、小山田がしたためた手紙を裕一に手渡した。紳士的な雰囲気、やわらかな口調で「いつも先生の前ではしかめ面でしたが、笑顔は子供みたいにチャーミングです」と語り、視聴者の感動を呼んだ。

「おちょやん」では真逆ともいえるクセの強いキャラを演じる。ここから、千代のキネマ女優としての人生に大きくかかわっていきそうだ。