次世代ガールズユニオン・FAKYが大絶叫する、映画「樹海村」(2月5日[金]公開)の15秒スポットが解禁となった。

清水崇監督による「樹海村」は、2020年2月に公開され、コロナ禍にもかかわらず異例の興収14億円超え、動員数110万人という大ヒットを果たした「犬鳴村」に続く作品。
「樹海村」の舞台は、「絶対に行ってはいけない」「入ったら生きては出られない」とうわさされる富士の樹海となる。

富士の樹海は、約1100年以上前に富士山大噴火で流出した青木ヶ原溶岩流を覆っている広大な森。およそ3000ヘクタール(東京ドーム約642個分)にもおよぶ樹海では、「コンパスが効かない迷いの森」「入ると何者かに襲われる」「さまざまな怨念を持ったヤバい村がある」など、聞くだけでゾッとするような都市伝説が飛び交っている。

映画公式Twitterで次なる村を募集した際、「樹海村」は上位にランクイン。それだけ“ヤバい場所”として認識されている。

そして今回、「樹海村」の応援ソングを担当するFAKYが同作を一足先に鑑賞。
公開された15秒スポットでは、樹海村オリジナルクッションを抱きかかえながら、「キャーー!」と叫びまくる彼女たちが映し出される。

時にはクッションで顔を隠し、「ヤバいヤバい…!」と迫りくる恐怖に怯える場面も。
彼女たちが震え上がるほどの恐怖が待ち受ける「樹海村」、公開に期待ができるスポットとなっている。

なお、1月16日(土)よりムビチケが発売される。