1月16日(土)放送の「マツコ会議」(毎週土曜夜11:00-11:30、日本テレビ系)では、インドネシア、ミャンマー、フィリピンで活躍する日本人と中継を結び、異国での生活や収入、日本を離れた理由を尋ねる。

■本業がない!?インドネシアで活躍する加藤

まず、インドネシア・ジャカルタ在住のミュージシャン、シンガーソングライター、MC、タレント、俳優、テレビ番組の司会、通訳、翻訳など多くの肩書があるという加藤ひろあきが登場。マツコデラックスは、「本業はほぼないわね」と早速ツッコミを入れる。

加藤は、東京外国語大学でインドネシア語を専攻しており、インドネシア語が話せる。そのため、旅番組のリポートをしたり、現地で有名なアーティストとコラボをして歌をリリースするなど、バリバリ活動をしているというが、そもそもインドネシアで人気になったのは、COWCOWのおかげなんだそう。

また、ミャンマーで音楽活動をしている、すわじゅんこは「水かけ祭り」という国内最大のイベントで、5年連続の出場を果たし、歌番組にも出演、イベントのMCなど多くのミャンマー人の前で歌を披露している。

5年ほど前までは日本でのみ音楽活動をしていたため、ミャンマーとのつながりなど全くなかったすわ。

ある日、東京・高田馬場にあるミャンマー料理屋で、ミャンマー語で歌われていた日本のある有名曲を聴き、同じように歌ってみた動画を撮影し、SNSにアップロードすると一晩で25万回再生され、その多くがミャンマーからのアクセスだったんだそう。

それをきっかけに、ミャンマー国内で一気に知名度が上がり、「水かけ祭り」のオファーを受けたという。近年では日系企業の進出が著しく、そういった企業からのオファーもあるというが、その驚きのギャラ事情も明らかになる。

■3年前までは都内のホテルでベルボーイをしていた!

最後は、フィリピンで人気のSNS総フォロワー数440万人、YouTubeチャンネル登録者数217万人のFumiyaが登場。

フィリピンの街を歩く時は3人のボディーガードをつけているという彼が、とあるショッピングモールに行った際の動画を見たマツコは、「ちょっと待って!えぇ!?」と、あまりの人気ぶりに絶句。

3年前までは都内のホテルでベルボーイをしていたFumiyaは、海外でアパレルブランドを立ち上げたいという思いから、フィリピンでの語学留学を決意。
空港に着いた瞬間からカメラを回し始め、フィリピンでの生活ぶりをネットにアップロードしていたら、ある一つの動画がフィリピンの人たちに大ウケし、バズったという。

その後、動画のネタのためにとある人気番組のオーディションを受けたら受かってしまい、たちまち人気者に。そして日本とフィリピンの芸能界の違いや、ギャラ事情のトークに入ると、マツコは「はぁー!いい商売!」と、思わずうらやましがる様子を見せた。