2月26日(金)公開の門脇麦主演映画「あのこは貴族」。同作は「アズミ・ハルコは行方不明」(幻冬舎)、「ここは退屈迎えに来て」(幻冬舎)などで知られる山内マリコの同名小説を映画化したもので、異なる境遇を生きる2人の女性が一瞬人生を交差させ、恋愛や結婚だけではないそれぞれの人生を切り開いていく物語だ。この度、同作の主演で主人公の箱入り娘・華子を演じた門脇とその夫役を演じた高良健吾のウェディング写真&本編シーンが解禁となった。

代々東京の中心地に居を構える良家の箱入り娘・華子を演じた門脇。結婚=幸せだと信じて疑わず、20代後半に差し掛かることではじめて焦りを感じ始めた彼女は、義兄の紹介で出会った幸一郎(高良)とお見合い結婚をすることに。後に、門脇演じる華子と水原希子演じる美紀を結びつける重要な役どころとなっていく幸一郎は、代々政治家を輩出してきた名門の家柄であり、華子と同様に歴史ある名家の子息だ。

今回到着した場面写真には、そんな2人を象徴するかのような麗しいウェディング姿が映し出されている。2人が並び立つその姿は気品にあふれ、神聖な空気すら漂っている。特に華子を演じた門脇のウェディングドレス姿は上質でありながら清楚、かつ華やかだ。加えて、暖炉の前で指輪を差し出し、華子にプロポーズする幸一郎の姿や、薬指に光る指輪を幸せそうに見つめる華子の姿をとらえたカットも到着した。

■華族邸宅・和敬塾本館(旧細川侯爵邸)でのこだわりの撮影

さらに、親族一同がそろう記念写真を撮影するシーンを切り取った本編映像も解禁に。両家ともに代々続く名家として、格式高い式を迎えたばかりの厳かな雰囲気が漂う中、ドレスを着る華子を気遣うように後ろを振り向き、ゆっくり進む幸一郎とその小さな優しさに柔らかく微笑む華子の姿など、2人の幸せそうな様子も見て取れるシーンとなっている。

このシーンは岨手由貴子監督のこだわりにより、気品漂う、昭和初期の代表的華族邸宅・和敬塾本館(旧細川侯爵邸)で撮影された。和敬塾本館は東京都指定有形文化財であり、選ばれた本物だけが入れる空間を演出するのに一役買っている。

門脇は、幸一郎演じる高良との芝居の中で、次第に2人の関係性が変化していくことが興味深かったようで、「最初のお見合いのレストランシーンは全て幸一郎にすべて身を委ねるという感じだったのですが、後半のシーンは不思議と自分(華子)が引っ張っていっている感じがあって、関係性が変わったと感じたのも面白かったです」と撮影を振り返っている。

その言葉通り、劇中では、美紀との出会いによって結婚=幸せという価値観が次第に変化していく華子。控えめなセリフと表情を通し、その様を雄弁に表現してみせた門脇の演技は圧巻だ。