学園七不思議の1つ、“トイレの花子さん”こと“トイレの花子くん”を呼び出したことで、学園の怪異たちが動き出すハートフル便所コメディー漫画「地縛少年花子くん」。原作漫画は14巻まで発行され、2020年1月からはTVアニメが放送された。そんな同作の初舞台化が決定し、2021年1月22日(金)より順次、東京・大阪で上演される。

主人公の花子くんを演じるのは、「舞台『刀剣乱舞』」や「白雪とオオカミくんには騙されない」などに出演の小西詠斗。また、生徒たちを見守る教師であり、七不思議の1人でもある土籠(つちごもり)を、「おそ松さん on STAGE 〜SIX MEN'S SHOW TIME〜」などに出演の安里勇哉が演じる。

今回は、初共演だという2人にインタビュー取材を実施。和やかな雰囲気のもと、上演へ向けた意気込みや“怖いもの”などについて語ってもらった。

――お2人が演じるキャラクターは、どんなキャラクターですか?

小西:花子くんは初めて見たときはかわいいキャラクターだなと思ったんですけど、だんだんギャップが見えてきて。それが人気の秘密なのかな、演じる上でも大事にしたいなと思い始めました。いたずらっ子でかわいい普段の姿と、ヤシロを守って闘う姿のギャップがかっこいいキャラクターです!

安里:僕が演じる土籠は源光の担任の先生でもあり、七不思議の中の住人でもありと謎が多いキャラクターです。ですが、花子くんの過去も知っているようで、ずっと傍にいた感じはありますよね。過去と未来が分かるという噂の持ち主でもありますが、それだけではなく、花子くんたちを優しいまなざしで見守ってきた大人という感じです。

――「地縛少年花子くん」という作品の魅力は何だと思いますか?

小西:誰もが知っている“花子さん”がモチーフになっていて親しみやすいですし、妖怪や幽霊のイメージをいい意味で変えてくれる作品だと思います。学生と怪異たちが醸し出す独特の世界観がありますし、話が進んでいくうちに明かされる秘密もあって。展開も面白いんです。
安里:当たり前の日常や人間模様…怪異模様もありつつ、寂しさや切なさもありますよね。ただ「かわいい」「かっこいい」だけではなく、心にほろっと来るような作品だと思います。

■ミュージカル初出演へ向けたアドバイスは…?
――小西さんと安里さんは本作が初共演で、今日の取材が初対面だそうですね。お互いのイメージはいかがですか?

安里:「若くていいなぁ」って(笑)。大変なこともありますが、これから楽しいこともいっぱいあるよ!
小西:はい! ありがとうございます!
安里:僕も気持ちは17歳ですから(笑)。でも、すごくいい子だなという印象です。稽古でどんどん知っていきたいです。
小西:僕、この仕事をしていなかった高校生のときから「黒子のバスケ」が好きで。安里さんが出演されている舞台版も拝見していたので、共演できると知ってとてもうれしかったです。
安里:そうなんだ!
小西:家族で「黒バス」好きだったんです。安里さんは舞台もたくさん出演されているので、たくさん教えていただきたいと思ってます!
安里:あざます!
小西:よろしくお願いします!(笑)

――小西さんは初のミュージカル作品ですが、いかがですか?

小西:経験が浅いので不安もあります。これまであまり機会がなくて。なので今回、ミュージカルって聞いて「本当にミュージカルですか?」って3回くらい確認しました(笑)。すごく不安でした。

――それでも挑戦してみようと決意した理由は?

小西:ミュージカルを何作か見させていただいて、「かっこいいな、僕も歌が上手くなればいつか出てみたいな」とずっと思っていたんです。まさかこんな早く出演できるとは思っていませんでしたが、何でも挑戦したいので。ただ、ファンの皆さんにはビックリされましたね!「歌うの!?」って(笑)。

――一方、安里さんはミュージカルの出演作も多いですね。

安里:実は僕も、歌は得意じゃない…というか、歌は好きなのですが、芝居やダンスが入ると全然別物ですから。でも表現方法としてはすごく華やかで作品が見やすくなって、いいですよね。

――ミュージカルの先輩として、小西さんにアドバイスはありますか?

安里:僕からのアドバイスなんてないです!
小西:えーっ!(笑)
安里:楽しくやることかな! 楽しんでもらえればいいんじゃないかなと。詠斗くん自身が花子くんになれば大丈夫だと思います。表現方法が歌やダンスになるだけですし、アンサンブルの方々も一緒に表現してくださいますし。吉谷(光太郎)さん演出のミュージカルってすごく見やすくて華やかなので、最初のミュージカルにはいいんじゃないかなと思います。
小西:ありがとうございます!

■背筋が凍る“怖い夢”は役者あるある
――本作は怪談の「トイレの花子さん」がモチーフになっていますが、お2人が「怖い!」と感じる、苦手なものは何ですか?

安里:お化けが無理ですね。ホラー系は一切見ないです。もう、ホラー系を見る意味が分かんないです。「何を怖がって喜んどんねん」というタイプなので…。ドキドキするのが嫌なんですよ。穏やかに楽しく生きたい(笑)。だから、花子くんや映画「ゴースト」みたいな、あったかい幽霊は怖くないですよ(笑)。ホラー系は脅かす専門だから嫌なんですよね…。お化け屋敷も無理です。
小西:小さい頃は僕もお化けが怖かったですけど、今は全く怖くないですねぇ。
安里:マジで? かっこいいね!
小西:今は何も信じないですね。
安里:隣に幽霊いても大丈夫? 花子くんじゃないよ? 絶対顔とか濃いよ?
小西:それは怖いかも(笑)。昔、肝試しで友達と心霊スポットにめちゃくちゃ行ったことがあって。そこでも(幽霊を)見たことはないので、信じてないです。雰囲気はすごかったんですけど。怖いのは…虫とかかなぁ。
安里:Gとか?
小西:無理ですね〜。怖いです。
安里:俺沖縄出身なんだけど、沖縄のGはヤバいよ。あったかいからか、スクスク育ってるし、それが飛んでくるからね。
小西:怖い!

――お2人は都市伝説や不思議体験を信じる方ですか?

安里:僕は信じます。宇宙人とかもいると思ってますし。たまに自分の指を動かしてて、「なんでこんなに動くんだろう? どうやって動いてるんだ?」って思っちゃうんですよね。「どうやって動いてるんだ?」って。科学で解明されていることすらオカルトだと思ってるんで、何でもあると思います! デジャヴュとかも不思議ですよね。
小西:夢もすごいですよね。ちょうどいいところで起きるのも不思議(笑)。台本を読んでないのに、本番の舞台に立ってる夢とか見ません?
安里:あるある!
小西:あれ、怖くないですか?
安里:怖いよね。全然稽古できてないのに幕が上がっちゃうとか。
小西:そういう夢をよく見るんですよね…。舞台に立って「やばいやばい!」みたいなところで目が覚めます(笑)。不安なんですかね…。
安里:出とちるとか、舞台に出ているのに衣装を着替えてないとか、めちゃくちゃありますね。でも僕は夢の中で半分気付きます。
小西:えー!
安里:「ああ夢だ、大丈夫だ」って思いながら立ってたりするんで。夢を制覇しました(笑)。舞台系ではいい夢ってあんまり見たことないですね。

――小西さんは初めてのミュージカルですし、いつもとは違う夢を見るかもしれませんね。

安里:歌詞飛ぶ夢とか見るよ、きっと。
小西:すでに最近見てます(笑)。

――それでは最後に、「地縛少年花子くん-The Musical-」の見どころを教えてください!

安里:「地縛少年花子くん」という作品自体が華やかですが、それを人が表現することでさらに華やかになり、歌とダンスなどとエンターテインメント要素が入ることによって、世界観もさらに広がっていくんじゃないでしょうか。もうすでに楽しみです! (本作演出の)吉谷さんも自信満々だと思います(笑)。
小西:僕は初めてのミュージカルなので、ダンスや歌で表現することもすごく楽しみで、どんな演出になるのかな〜ってワクワクしています。舞台になることで、「地縛少年花子くん」という作品を知らない方にもに楽しんでいただけることが楽しみですね。キャストやスタッフの皆さんと、本番に向けて作品を作り上げていくのも楽しみにしています!

――小西さんはどんな座長を目指しますか?

小西:…どうしたらいいですかね?
安里:真ん中にズドンといてもらえれば大丈夫!
小西:じゃあ、真ん中にズドンといられるように頑張ります!(笑)